てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 「行列の出来る店」も

<<   作成日時 : 2010/08/05 19:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「行列の出来る店」も場所によっては「迷惑行為」として捉えられることもあるのかと感じました。




「マナーを守る客が大半なのに行列で店がなくなってしまうとは」という声もあるが行列を基に訴訟すら起こそうとする人物すら出てくるのではなかろうか。




そうならないためにも店側は住民とミーティングやクレーマー対策を行うべきであったと思いました。








■つけめん「六厘舎」本店、行列に苦情で閉店へ




(読売新聞 - 08月05日 07:31)




http://<wbr></wbr>www.yom<wbr></wbr>iuri.co<wbr></wbr>.jp/nat<wbr></wbr>ional/n<wbr></wbr>ews/201<wbr></wbr>00805-O<wbr></wbr>YT1T001<wbr></wbr>56.htm

行列の出来る店として有名な東京都品川区大崎のラーメン店「六厘舎(ろくりんしゃ)」本店が、その行列を理由に今月29日で閉店することになった。






 1〜2時間待ちも当たり前の人気店で連日長蛇の列が絶えず、近隣住民から「通行の妨げになる」などの苦情が度々上がっていたため。同店は「これ以上、近隣の皆様に迷惑をかけられない」としている。






 同店は2005年4月にJR大崎駅から徒歩6分ほどの商店街と住宅街の境目に位置する場所に開業した。






 濃厚スープに太いめんが特徴のつけめんが人気を呼び、雑誌やテレビなどで頻繁に紹介されて、営業中は常に行列ができるようになった。






 同店を運営する松富士食品(千代田区)によると、休日には100人近くが行列し、2時間待つことも珍しくない。太めんだけにゆで時間が普通の ラーメンより長くかかることも行列の原因。開店時間を早めたり、並び方を変えたりと店側も苦心したが、行列は一向に収まらなかった。




近くに住む50歳代の主婦は「行列客が道へはみ出し、いつも通行の妨げになっていた。店の苦労もわかるが、何とかしてほしかった」と話す。別の無 職男性(63)は「店の近くで吸い殻がポイ捨てされているのを何度か見た」とするが、「最近は出前もしてくれたし、ラーメンは好きだったので閉店は残念」 という。






 人気店だけに客は閉店を残念がる。大田区から来た会社員加藤篤士さん(29)は、「マナーを守る客が大半なのに行列で店がなくなってしまうとは」と残念そうだ。






 同店の移設先や時期は未定といい、松富士食品は、「周辺に迷惑がかからない土地を慎重に選びたい」としている。(土方慎二)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「行列の出来る店」も てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる