てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 「動物愛護」の面汚し!! SSの「妨害」

<<   作成日時 : 2010/09/04 12:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この「妨害」は白人の我が国に対する偏見や憎悪から為されたものと見ます。

その証拠に同じ白人が「イルカ漁」を行ったとしても何のアクションも起こさず、米軍がイルカを軍事利用したことについても強いアクションを取ったという話を聞いたことがありません・・・

「行動する保守」が猛烈に講義すると思われますが既存の保守・右派は「行動する保守」の抗議に揶揄や非難を行わず協調して共に抗議する度量を持つべきであると思います。



またこのSSの妨害活動は「正業」である我が国の漁業を「不当に」妨げるものであり決して許されるものではありません。

SSのこうした所行は「動物愛護」の面汚しとして非難されるべきであると感じました。





「イルカ漁を妨害せよ」SS、太地町に活動家

http://<wbr></wbr>headlin<wbr></wbr>es.yaho<wbr></wbr>o.co.jp<wbr></wbr>/hl?a=2<wbr></wbr>0100903<wbr></wbr>-000009<wbr></wbr>55-yom-<wbr></wbr>soci

読売新聞 9月3日(金)20時14分配信

【シンガポール=岡崎哲】米国の反捕鯨団体シー・シェパードは3日、和歌山県太地町で2日に始まったイルカの追い込み漁を妨害するため、豪州、ニュージーランド、米国、日本の活動家計6人を現地に送り込んだことを明らかにした。



同団体の豪州人活動家マイケル・ダルトン氏(44)が本紙に語った。シー・シェパードは今後さらに20〜30人を派遣し、他の動物保護団体も合流する見通しだという。



ダルトン氏は、実力行使をするかについて、「漁師たちの(追い込み漁の)やり方次第だ」と語った。太地町では、2003年に、シー・シェパードの活動家2人がイルカ漁妨害のために網を切断して和歌山県警に逮捕されている。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「動物愛護」の面汚し!! SSの「妨害」 てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる