てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 動物愛護運動家の中に

<<   作成日時 : 2010/12/16 18:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日夜、懸命に動物を助けるために活動し、日常でもできる範囲での配慮をされている人に対して、ARやベジではないからといって「動物愛護を語るな」という言葉を投げかけた人。軽蔑します。

とあるMIXIユーザーが仰っていましたが全くの至言であると感じました。

>ARやベジではないからといって「動物愛護を語るな」 このように語る動物愛護に熱心なベジタリアンは自分が聖者もしくは特権階級のように振る舞いたいのでしょう。しかしこうした態度が「動物愛護運動」を市井の人々から隔離するものであり到底容認できないものである。

またこうした態度が動物愛護運動を原理主義へと引きずり込んでいきその運動を衰退化させるものと見ている。

動物愛護運動家は自らが抱いている思い上がりを唾棄し、捨て去るすべきであり、謙虚に粛々と市井に「動物愛護」の大切さを訴えていかなければならない



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
動物愛護運動家の中に てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる