てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 生徒に「活」を入れるのにこんな言い方は

<<   作成日時 : 2010/12/21 10:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この教師は生徒に対し




>活を入れなければならないと考えた




そうだがしかし生徒達との交換ノートで「ダメ人間」「問題児」と書いて何が生徒に対し「活を入れる」のであろうか?




むしろ逆にへこむか反発するのがオチであろう。




結局は教師の無神経によって生徒がスポイルされる結果となるのである。






こんな生徒リストを作った教師こそ愚か者であろう。



「愚か者」生徒のリスト掲示




http://mainichi.jp/select/wadai/news/20101220k0000e040007000c.html



青森県内の市立中教諭が昨年、「愚か者一覧」などと名づけた生徒の実名リストを校内に掲示していたことが分かった。同時期に生徒たちとの交換ノートに「ダメ人間」「問題児」などと記入したこともあったという。市教委は教諭と校長を訓告処分とした。






 県教委によると、教諭は中2の学級担任だった昨年7〜11月の保護者面談の日などに、提出物の提出率が低い生徒のリストを「愚か者」として廊下に掲示し た。生徒や保護者から苦情があったため、学校側が口頭で教諭に数回注意し、教諭は生徒や保護者に謝罪した。その後、市教委の訓告や指導があった。






 教諭は「提出率が低いままだと生徒が3年になって(高校受験の)願書提出などで損をすると思った」と釈明したうえで「活を入れなければならないと考えたが、配慮に欠けていた」と話しているという。【山本佳孝】



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
生徒に「活」を入れるのにこんな言い方は てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる