てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島原発について 放射線影響学会所属、札幌医科大学 高田純教授より

<<   作成日時 : 2011/03/13 07:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

福島第一1号機で爆発した事故を機に原発の安全性が問われる声を出すだけでなく新エネルギーの開発を求める姿勢が必要であると感じました。

我が国の原発の技術は確かに優れていますがしかし天災やテロにもろく、ちょっとしたことでも大惨事になりかねません。



スリーマイルやチェルノブイリのような原発事故は我が国にとって人ごとと思わず、原発がある以上は十分にあり得ることであるという認識を持つべきです。



これ以上原発に依存しすぎては我が国を危機に曝すであろう



>私は日本は資源がないので、原発推進派とはいかずとも、容認派ですが、さすがにこれ以上増やすのには賛成できなくなりました。

メタンハイトレードなど代替エネルギーの開発を急ぐべきでしょう。



以下転載





原爆、放射線医学、放射線防護学、被爆調査の研究を重ねた

札幌医科大学、教授 

日本放射線影響学会所属、日本保健物理学会所属

セミパラチンスク・ビキニ、ロンゲラップ・チェルノブイリなど

世界の核実験場での被爆調査を長年続けてこられた



日本シルクロード科学倶楽部会長 高田純より



福島原子力発電所1号機についての状況分析、放射線リスク

防護対策の提言です。http://junta21.blog.ocn.ne.jp/blog/







*****************************************************



福島原子力発電所1号機で爆発 

最悪の事態は?



がんばれ、東京電力!!!がんばれ、福島県!!!



東京電力 プレス発表 http://www.tepco.co.jp/index-j.html





事実経過

1  3月12日の三陸沖の巨大地震M8.8の影響で、

東京電力福島原子力発電所1号機の

炉心の冷却機能喪失 炉心溶融が発生した。



ただし、地震のP波を検知し最大地震はS波が到達する前に、

原子核反応は自動停止していたもよう。自動停止は確認されている。



2  3月13日午後3時36分頃、1号機原子炉建屋内で爆発発生し、建屋外壁が吹き飛んだ。 



3  原子炉格納容器は正常で、破壊していないことが、

東京電力により確認された。



4  事業所境界で、放射線線量率は毎時1.0ミリシーベルトとなった。ただし、その後、次第に低下した。



以下、

高田純 札幌医科大学教授

(専門 放射線防護学、核防護学)の評価



放射線リスク評価

毎時1ミリシーベルトが継続し、

事業所境界に100時間滞在した場合の線量(100時間線量)



100ミリシーベルト、レベルC



このレベルは、胎児影響リスクである。

実際には、敷地境界に住民はいないので、

胎児の影響はないことになる。



すでに10キロメートル圏外への避難指示が福島県がだしている。



さらに、線量率はその後低下しているので、予測100時間線量  は、レベルD以下で、安全範囲とみるほうが正しい。



その後、福島県は、20キロ圏外への退避指示をした。



http://www15.ocn.ne.jp/~jungata/RadRisk.html

※線量レベルの区分については、上のページをご覧ください。



福島原子力発電所事故の最悪の事態



炉心が完全に溶融した場合でも、チェルノブイリ事故のような   放射性物質の環境放出にはならない。

日本の原子炉が軽水炉であって、旧ソ連のように可燃性の黒鉛   (石炭のような物質)が炉心に存在しないからである。



アメリカのスリーマイル島原子力発電所(軽水炉)で炉心溶融   事故が以前あったが、チェルノブイリ事故のような環境核汚染   は発生しなかった。





放射線防護対策



1 屋内退避(遠方の人は自宅でよい)

窓とドアをしっかり閉める



2 昆布を食べる

昆布に含まれる安定ヨウ素を体内に取り込むことで、

放射性ヨウ素が甲状腺に

沈着するのを防ぐ。甲状腺がんを防止するのです。



昆布の量 1日分 乾燥昆布の場合 大人 30グラム

子ども 15グラム



食べ方 鍋に水と昆布(1日分)を入れ加熱し、沸騰したら火を  止める。だし汁を飲み、残った昆布も食べる。

原子力緊急事態が収束するまで、毎日続ける。

昆布は自然食品なので食事と考えても結構です。

安心してください。 わかめでもOKです。



なお、福島県の指示で避難した人たちには、

必要な場合、県が安定ヨウ素剤を配布しますので

飲んで下さいヨウ素過敏症の人は、その際に申し出てください。



参考文献 (題名で検索すればAmazonで情報が出ます)



1 高田純 お母さんのための放射線防護知識 医療科学社

昆布のことなど原子力緊急時の自己対策が詳しく書かれています。



2 高田純 世界の放射線被曝地調査 講談社ブルーバックス 2002.



3 高田純 「核エネルギーと地震、 中越沖地震の検証 技術と危機管理」 2008.







◆高田純



1995年、広島大学原爆放射能医学研究所国際放射線情報センター助教授。

2004年、札幌医科大学医学部物理学教室教授。

2008年より医療人育成センター物理学教室教授(現職)。



日本の物理学者。理学博士。札幌医科大学医療人育成センター教養教育研究部門教授 [1]。非政府組織・放射線防護情報センター代表。日本会議北海道本部理事。日本シルクロード科学倶楽部会長。日本放射線影響学会所属、日本保健物理学会所属



MIXI日記http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1688244405&owner_id=7855016からの転載でした 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
福島原発について 放射線影響学会所属、札幌医科大学 高田純教授より  てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる