てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 札幌医大 高田教授のレポート

<<   作成日時 : 2011/04/15 09:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

確かに放射性物質は広範囲に広がっていますがしかし深刻な悪影響を及ぼすものではないと感じました・・・



http://junta21.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/04/post_b9fb.html

> 将来、燃料棒が冷却し、放射性物質が閉じ込めの状態になれば、避難解除もできる。その時には安心して、帰ってください。 

>日本シルクロード科学倶楽部

http://junta21.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/04/post_691b.html

「4月9日 福島県調査



20キロメートル圏内 浪江町、双葉町、福島第一原子力発電所敷地境界までの放射線衛生調査を行った。



線量レベル D〜D+



1日線量レベル E



家畜の一時的な世話のために、圏内に戻ることの放射線衛生上のリスクは無視できるほど。」



高田教授のレポートです

 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
札幌医大 高田教授のレポート  てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる