てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の食べた「天下一品」

<<   作成日時 : 2011/04/23 18:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私がかつて前の仕事で京都北部に住んでいたときに時折そこで「屋台ラーメン」を頼んで食べていました・・・






「こってりラーメン」を食べたことがありますがしかしスープが少ないのと私から見てあまりにも「こってりしすぎ」であると感じたためあまり食べたいとは思わなくなりました。






私の「天下一品」の食べ方はネギを大盛りにしてスープとかき混ぜて食べたり、「辛子味噌」を入れたり、ご飯にスープをかけて食べたりしました。






私の感じたところこのラーメンの店からアンモニアに近い匂いがするので人によっては敬遠する方もいると思われますし、また店によっては味の違うところもあると思いました・・・






「こってり」の衝撃 初心者のための天下一品入門




http://nanapi.jp/25749/



「なんじゃこりゃ」――夢中ではしとレンゲを動かすうちに、いつのまにか「明日もお待ちしてます」と対面……






「天下一品」。それは、普通のラーメン店とは異なる魅力を放つ、独特の店です。「気になるけど食べたことがない」。そんなあなたのために、天下一品の魅力を解説します。






「天下一品」は1971年に京都で生まれたラーメン店。1軒の屋台から始りましたが、2011年4月現在、全国で221店舗を展開中しています。






天下一品のラーメンには、主に「こってり」「あっさり」「味かさね」の3種類がありますが、メインはなんといっても「こってり」です。






「こっ てり」は、とろみのあるスープが特徴です。「ポタージュスープ」に例えられることがありますが、麺によく絡むので「カルボナーラ」だと筆者は思っていま す。麺にはあまり特徴はありませんが、特徴がないからこそ、スープのインパクトが際立ちます。天下一品では、「スープが主役・麺が名わき役」なのです。






麺の固さについては、好みが分かれています。「九州の豚骨ラーメンと同様、固めのほうがこってりスープとの相性が良い」という説もあれば、「いや、でろでろのヤワメンに、あのスープを絡めるのがいいのだ」という説もあります。






こってりスープと、しゃきっとした九条ネギの相性は抜群です。どろどろスープのアクセントになるので、お好みで「ねぎ増し」しましょう。テーブルに「辛子にんにく」「辛子味噌」の容器があり、無料で好きなだけトッピングできます。






個人的には、ラーメンを半分くらい食べ終わったあたりに投入して、味の変化を楽しむのがおすすめですが、最初から投入する人もいます。






■「明日もお待ちしてます」






天下一品を麺・スープともにたいらげると、丼の底のほうに「明日もお待ちしてます」というメッセージが書かれています。これを見て「うん。明日もきっと来るからね…」という決心をあらたにしたのなら、あなたはもう「天下一品」のトリコです。






天下一品の魅力は、文章だけでは伝えきれないので、ぜひぜひ店舗に足を運んで、「こってり」の魅力を体感してください! 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
私の食べた「天下一品」 てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる