てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS いくら老婆の眼力でも「万引き」には・・・

<<   作成日時 : 2011/05/24 10:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いくら老婆の眼力でも不良少年や外国人による力ずくの「万引き」には勝てないと感じました・・・

また、「万引き」をしても注意、指導されるだけですむケースが多いし、万引きする者の多くが罪悪感を感じないことが多いのではなかろうか。

生活苦のためか老人による万引きも近年発生している。

こうした万引きでも年齢を問わず「犯罪」として捉え厳しい対処で挑まなければならない。

特に常習犯に対してはGPSの強制装着も検討すべきではなかろうか。強制力のある措置を執らないと万引きの被害は収まらないと思うのです・・・



絶対に万引きさせません!浅丘ルリ子ら、うば捨て山老婆の目力が強過ぎ!映画『デンデラ』迫力満点の万引き防止ポスターに!

http://<wbr></wbr>www.cin<wbr></wbr>ematoda<wbr></wbr>y.jp/pa<wbr></wbr>ge/N003<wbr></wbr>2529



浅丘ルリ子をはじめ、倍賞美津子、山本陽子、草笛光子ら大女優が、うば捨て山の老婆を熱演する映画『デンデラ』より、万引き防止ポスターが作成され、大迫力のビジュアルが公開された。



『デンデラ』は、うば捨ての風習が残る山岳部を舞台に、70歳を超え捨てられた老婆50人が、生き延びるための壮絶な戦いに身を投じる衝撃の人 間ドラマ。浅丘ルリ子、倍賞美津子、山本陽子、草笛光子ら60歳以上の大ベテラン女優たちがアクションに挑んでいることも見どころとして挙げられている。 そんな本作は、佐藤友哉の同名小説を基に、故・今村昌平監督の息子・天願大介が脚本・監督を務め、うば捨て伝説を新たな解釈で描いた作品。「姥(うば)捨 山には、続きがあった。」という意味深なキャッチコピーが興味をそそる。



そして、「女優の迫力と目力があり、万引き防止にぴったり」という理由から、万引き防止ポスターに起用された『デンデラ』。「みんな、見ていま す。万引きは犯罪行為。」という言葉に説得力を増すような、うば捨て山の老婆たちがそこにはいる。浅丘をはじめ、まっすぐにこちらを見つめる彼女たちの目 力の強さに、「見逃さないよ」とでもいうようなメッセージが伝わってくる。再び生きるために懸命に戦う老婆の覚悟と見事に融合した今回のコラボレーション ポスター。5月末から全国の書店で随時掲出される予定だが、びっくりして思わず足を止めてしまう人が続出するかも!?(編集部・小松芙未)



映画『デンデラ』は6月25日より全国公開



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いくら老婆の眼力でも「万引き」には・・・ てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる