てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 低量放射能は危険でない、かえって放射能への異常な恐れやストレスが病気を生む

<<   作成日時 : 2011/06/10 19:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新聞テレビや政府、そして反原発論者のいうことを鵜呑みにしてたらあきまへんよ・・・



それらの風評被害で筆舌に尽くし難い原発周辺の住民は筆舌に尽くし難い苦しみを味わっています。



我々はそれに惑わされないよう冷静に原発に対応しなければなりません。



>まったく危険でもない低量放射能への恐怖やストレスから、

かえってガンなどになる確率が高くなるだろう。



それは「放射能は恐ろしい」という風評被害を生み出している

左翼反原発派と政府の責任である。





「人体への影響100ミリシーベルトが目安」「喫煙や飲酒のほうが心配」

東大放射線科・中川恵一准教授

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110608/bdy11060822250001-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110608/bdy11060822250001-n2.htm



「ただちに健康への影響はない」と言われても、目に見えないだけに、健康被害が心配になる放射性物質。

東大医学部付属病院で放射線治療を担当し、茨城県東海村のJCO臨界事故で被曝(ひばく)した作業員

の治療にも携わった中川恵一准教授は、被曝による発がんリスクについて、

「日本人は、2人に1人が、がんになる世界一のがん大国。喫煙や飲酒の方がよほど危険だ」と語り、

過度の心配をする必要はないという。



中川准教授によると、被曝が人体に与える影響は「100ミリシーベルトがひとつの目安」。

100ミリシーベルトの放射線を浴びた場合、がんが原因で死亡するリスクは最大約0・5%上昇。

野菜嫌いの人や受動喫煙と同程度だ。運動不足や塩分の取りすぎは200〜500ミリシーベルト、

喫煙や毎日3合以上飲酒した場合は2千ミリシーベルト以上の被曝に相当。

「たばこや飲酒による発がんリスクは、被曝と比べものにならないほど高い。

この機会にがん対策全体を見直すべきだ」という。



もともと自然界から年間数ミリシーベルトを被曝している人間の細胞には、

放射線で傷つけられたDNAを回復させる機能が備わっている。



長期間にわたって受ける放射線量が100ミリシーベルト以下ならば、ほとんどが修復される。

実際、広島・長崎のデータでも、100ミリシーベルト以下で発がんが増えたというデータはない。

ただ、一部の原発作業員のように、短期間に200ミリシーベルト以上を被曝するようなケースについては、

「年間20ミリシーベルトを10年浴びたのに比べ、2〜10倍高いリスクとなる可能性がある」と警鐘を鳴らす。



依然、風評被害が広がる農水産物については「国の食品衛生法に基づく基準値はICRPなどの

国際基準を踏まえ、食品ごとに放射性物質の摂取上限が厳しく設定されている。

原発周辺に自生する山菜などを食べるのは危険だが、流通しているものについては基準値を

下回っており、問題ない」と強調。



「汚染を気にして野菜や魚の摂取が減ったり、被曝を恐れてがん検診を受けなかったり、

ストレスや運動不足の方ががんのリスクを高める」とする。



「半減期が短い放射性ヨウ素はほぼ消えた。

今、大気中に放射性物質はほとんどない。

それ以降は、3月15日までに放出され、雨に溶けて土の表面に蓄積したセシウムからの

ガンマ線が被曝の原因。

公共事業による土壌改良などが必要だ」と話している。





放射線のひみつ 中川 恵一 (著)

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%BF%E3%81%A4-%E4%B8%AD%E5%B7%9D-%E6%81%B5%E4%B8%80/dp/4255005893





健康への影響考えられない 福島原発事故で国連委

2011.5.24 01:20

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110524/erp11052401220000-n1.htm

国連放射線影響科学委員会(事務局ウィーン)のワイス委員長は23日、記者会見し、

福島第1原発事故で放出された放射線について

「これまでのところ(住民の)健康に影響するとは考えられない」と述べた。

一方、委員長は、長期的な影響を調べる必要があるとも強調。

今回の事故で放出された放射線の人体や環境への影響について委員会として調査を始めると述べた。

来年5月までに初期評価をまとめ、2013年の国連総会に報告書を提出する方針という。(共同)





http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1734570463&owner_id=783617
より 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
低量放射能は危険でない、かえって放射能への異常な恐れやストレスが病気を生む てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる