てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS バスケ大敗の腹いせで暴行を振るったこの少年たちと一部のスポーツマンの者を見れば

<<   作成日時 : 2011/07/12 18:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バスケットボールの試合に大敗したことに腹を立て暴行を加えた少年たちは確かに悪い。

普通にスポーツやっている者は負けて悔しいと感じれば更に練習を行い負けをエネルギーに転換する姿勢が大切であるがしかしこの少年らに「スポーツマンシップ」という考えや負けてもそれをばねにして頑張るという姿勢を教えてこなかったのが原因ではなかろうか?

確かに、スポーツやってる方々は「礼儀正しい」者がたしかに多い。

し かし一部の者にはスポーツやってその点で優秀であれば「何やっても なにしても許される」と考える者がいる。しかも所属するところによればメンバーの一員 が「不祥事」を起こしてももみ消してくれることがある。 またチームも勝利を掲げて練習を熱心に行うという姿勢は良いがしかし、「勝利至上主義」に陥って いないか。また試合で負けた相手をバカにしても構わないという姿勢があるのではなかろうか、それでは真のスポーツマンシップは育たないであろう。

バスケ大敗の腹いせで暴行を振るったこの少年たちと一部のスポーツマンの者を見ればこのこと感じ取りました・・・・



健全なる精神は必ずしも健全なる肉体には宿らない 健全なる精神は教えていくべきものあると



■バスケ大敗の腹いせで暴行、少年10人逮捕

(読売新聞 - 07月12日 13:07)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110712-OYT1T00596.htm



バスケットボールの試合に大敗したことに腹を立て、対戦相手の高校生を呼び出して暴行を加えたとして、警視庁は12日、東京都内の都立高校2年生の男子生徒(17)ら少年計10人を傷害容疑などで3日までに逮捕したと発表した。



発表によると、男子生徒らは1月17日夕、世田谷区の公園に、別の都立高校の生徒11人(15〜17歳)を呼び出し、殴る蹴るなどの暴行を加え、このうち7人に顔面打撲などのけがを負わせるなどした疑い。



逮捕された10人のうち2人は当時、都立高校のバスケットボール部に所属しており、昨年10月、被害者の高校と練習試合をしたが、大敗していた。男子生徒 らは負けたことを根に持ち、遊び仲間を誘って、「ラフプレーをした」などと因縁をつけ、対戦相手の生徒を電話で呼び出したという。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バスケ大敗の腹いせで暴行を振るったこの少年たちと一部のスポーツマンの者を見れば てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる