てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ダウンロードサイトを潰しても

<<   作成日時 : 2011/08/23 21:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

YouTubeを提訴できないからって、関連のダウンロードサイトを提訴したところでCDの売り上げは変わらないと思うんですよねぇというTwitter のつぶやきを見ましたが、たしかにその通りでダウンロードサイトを潰しても何の役にも立たずネットユーザーは逆にアングラサイトか中国等海外のサイトにダ ウンロードの活路を見出すであろう。

そんなサイトを潰すよりは広告料やたとえ有料であっても低価格でDLできるよう法律や諸制度の整備を行うべきではなかろうか。

YOUTUBEやその他サイトでDLした曲が気に入ってその曲を歌ったアーティストまでも気に入って他の曲を聴くきっかけも実際にある。レコード会社はそのことを忘れてはならないと思います。

しかしそんなに「利権」を守りたいのか?音楽業界や著作権団体がかたくなな態度をとり続けば音楽業界の衰退を招くのに・・・



■レコード31社、無料ダウンロードサイトを提訴

(読売新聞 - 08月23日 14:30)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110823-OYT1T00572.htm



動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」に掲載された動画や音楽データの無料ダウンロードを可能にするサイト「TUBEFIRE」で著作権を侵 害されたとして、日本レコード協会加盟のレコード会社など31社が、同サイトを運営する企画会社「ミュージックゲート」(東京)にサービスの停止と計約2 億3000万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしたことが分かった。



提訴は19日付。同協会は、同サイトの利用者が月約220万人に上っており、多数のミュージックビデオなどが違法ダウンロードされ、音楽配信事業の発展が妨げられていると訴えている。



原告は日本コロムビアやユニバーサルミュージック、ジャニーズ・エンタテイメント、エイベックス・エンタテインメントなど。原告側によると、音楽関連ファイルのダウンロードサービスを巡る提訴は初めてという。



訴状などによると、同サイトは2007年に開設された。利用者はユーチューブに投稿された動画を選択した上で、同サイトに移動して操作すれば、音楽関連 ファイルを無料でダウンロードできる。会員登録や専用ソフトも不要で、利用者はダウンロードしたデータを携帯電話や携帯音楽プレーヤー「iPod(アイ ポッド)」などに取り込めば、いつでも動画や音声を再生できる。



ユーチューブを運営する米検索大手「グーグル」は、投稿された動画を利用者がダウンロードすることを規約で禁じている。同協会によると、同サイトはユーチューブの動画をダウンロード可能なファイルに複製した上で、利用者に提供する仕組みという。



原告側は訴状で、権利者の許諾を得ずに動画を複製し、不特定多数の人に送信できる状態にすることは、著作権法上の複製権と公衆送信権の侵害にあたると主張。同サイトが「利用者の違法行為を助長し、音楽配信ビジネスの発展を阻害している」と批判している。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ダウンロードサイトを潰しても てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる