てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ネオナチ脱退支援だけじゃなく

<<   作成日時 : 2011/08/26 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ドイツでネオナチ脱退支援のTシャツが配られたことを聞いて一瞬「学会」「統一」脱会支援Tシャツや中共脱会支援Tシャツ及びその他カルト・政治的セク ト、反社会的組織脱会支援Tシャツも販売されればよいかと感じましたがしかし我が国でそのような組織の脱会を支援する組織はあるものの中立ではないこと と、そのセクト・カルト及び反社会的組織脱会「支援組織」の存在を知らず




一度組織に入ったらその組織を辞めたくてもやめられず組織に利用されて犯罪に追い込まれるケースが多いと感じました。




警察は警察で事件が起こるまで動かないことが多く、公安の一部人士はそのメンバーを泳がせ利用さえしていると感じました。




それでは「脱会」したくてもがいているメンバーを救うことはできないと思います。




警察や行政、各団体が協力体制や法整備の充実と共に警察の意識改革も必要と思いました。






セクト・カルト及び反社会的組織に入ったメンバーが追い込まれて事件や犯罪に手を染める危険性がある それを許してはならない



独でネオナチ脱退支援Tシャツ




http://mainichi.jp/select/today/news/20110827k0000m030018000c.html



  【ベルリン篠田航一】過激な極右集団ネオナチが集まったドイツ東部ゲーラのロックコンサート会場で今月初め、「ドクロ」マークのTシャツが配布された。染 料には、一度洗濯すると図柄が消える仕掛けがあり、「このTシャツが変わったように、君も変わることができる」とネオナチと縁を切るよう促すメッセージが 出現する。






 極右組織からの脱退希望者を支援する民間団体「EXIT」(本部ベルリン)が、事前に「匿名」で主催者に送付していたTシャ ツ250枚が配られた。Tシャツにはこの団体の連絡先も現れる。コンサートを主催した極右政党・ドイツ国家民主党がEXITの「策略」にはまった形だ。






 元警官でEXIT事務局長のベルント・ワグナー氏(56)は「脱退できない若者に支援組織の存在を知らせたかった」と訴える。






 独憲法擁護庁によると、国内のネオナチは現在約5000人。極右全体では約2万6000人が活動中だ。だが、一度組織に属した後、抜けられずに悩む若者も多いという。






 EXITは00年に設立され、元ネオナチのメンバーも所属し、脱退者の就職支援などもしている 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ネオナチ脱退支援だけじゃなく てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる