てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 紳助「復帰」を目論むとは・・・

<<   作成日時 : 2012/01/07 19:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

たとえ「声だけ」であっても紳助復帰はアカンやろ

皆が暴力団との決別を進めているのに吉本は金儲け優先かよ

紳助さん、声だけ「復帰」というその記事を書いた読売記者はもしかしたら吉本と組んで紳助復帰を目論んでいる可能性もあるがしかし一旦反社会的組織やその言動に加勢した人物をそうやすやすと復帰させてはならないのだ。

ましてや紳助は「芸能界引退」を発表したしたのに吉本興業社長の意向でそれを反故にするのは筋が通らないのではなかろうか。

吉本社長は決して「営利目的」で紳助復帰を目論んではならないのだ。



芸能界始め他企業が犯罪や犯罪者に寛大な態度を取る限り「闇社会」の排除ははるか遠いものになるであろう そして吉本興業や吉本興業社長は紳助復帰の代償をいつか払うことになるであろう



■紳助さん、声だけ「復帰」…28日公開の映画で

(読売新聞 - 01月07日 12:51)

http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120107-OYO1T00470.htm

暴力団幹部との交際を理由に昨年8月、引退した島田紳助さん(55)が、今月28日公開の映画に、本人役で声だけの出演をしていることがわかった。



収録は引退前の昨年1月だが、4日には吉本興業の大崎洋社長が復帰を望む考えを示しており、波紋を呼びそうだ。



タレントの長原成樹さんが原作と監督を手がけた「犬の首輪とコロッケと」で、吉本興業が制作。漫才師として売り出し中の主人公に「今さらツッパリ漫才なん かしてもあかんぞ」と話しかける場面に、声だけ聞こえる形で出演している。エンドロールにも「島田紳助」として名前が出る。



島田さんを巡っては、大崎社長が年頭の記者会見で「願わくば社会やファンの皆様のご理解を得て、いつの日か吉本に戻ってきてもらえると信じている」と発言し、批判の声が上がったばかり。 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
紳助「復帰」を目論むとは・・・ てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる