てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 凶悪中国人脱獄事件を機にしなければならないこと

<<   作成日時 : 2012/01/12 20:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

脱獄犯李国林とはいかなる人物かまず先にこれをお読みください・・・

2005年の5月、岡山のパチンコ店にバールを持って押し入った李国林を含む中国人グループは、金庫破りの後、逃走。その途中、職務質問をしようと近づいた警官を当該バールで殴り、更に警官に向けて発砲。

公務執行妨害の罪で逮捕されたが、発砲時に左太ももに銃弾一発、怪我を負ったため病院へ。治療後、警察署へ護送中の署内駐車場で護送車を奪って逃走。この時、腰縄は持たれておらず、エンジンもかけっぱなしだったとのこと。

このような外国人凶悪犯が刑務所から仮に刑を終え出所しても永住許可をタテに強制送還されることはほとんどないのです。

また中国人を極度に優遇してきた政府与党はこのような凶悪犯罪が起こってもまだ中国人優遇を続けるのでしょうか?もはやそれは許されません。

一刻も早くその優遇措置を改めるよう行動しなければなりません。



という訳で署名のお願いです。

不良外国人の永住許可を剥奪できるようにしましょう! -

http://www.shomei.tv/project-1635.html

現在、永住許可が剥奪されることはほとんどありません。

早期であれば配偶者の在留資格取得から 3年後には発給され、

許可されやすくなっています。

その”剥奪されない永住許可” を目的に多くの日本人が利用され騙される被害にあっています。

配偶者の在留資格をきっかけに永住許可された場合、

(元)配偶者が真実を訴えても.

刑事罰を受けても反省の色が見られなくても、

永住許可の 剥奪は不可能です。

被害者や加害者(元)家族が望み、物的・心的被害の証拠を提出しても、日本が不良外国人の永住許可を剥奪することはありません。

被害者をこれ以上増やさないために永住権を剥奪できるようにしましょう! 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
凶悪中国人脱獄事件を機にしなければならないこと てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる