てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 「子供を救え」と山本太郎は叫ぶが

<<   作成日時 : 2012/03/12 10:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

山本太郎が真に子供を救うには原発や放射能のことを十分に勉強し、福島に実地入りして現状を知って左翼やマスコミが扇動する放射能に対する恐怖を振り払うための担い手になることが必要だと思います。

また震災でダメージを受けた子供の精神的ケアを十分に行うためのチームを結成し子供が安心して過ごせるような環境作りを行うべきではないのでしょうか?また福島だけでなく被災地の子供たちを元気づける企画を行なって欲しいと感じました。

このことはいたずらに「反原発」を叫ぶよりも遥かに大切であると思います。

山本太郎はそのことに気づいて欲しいと感じました・・・



「子供を救え」と山本太郎は叫ぶが今の山本太郎の言動を見ると子供を救うどころか被災地や被災者を苦しめ続けている 山本太郎が左翼と共に「脱原発」「放射能の恐怖」を扇動し続ける限り被災者や良識派からは評価され得ないであろう
 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「子供を救え」と山本太郎は叫ぶが てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる