てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS いくら対立者が嫌いだからといって

<<   作成日時 : 2012/03/18 06:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いくら共産党が嫌いだからといって暴力で候補者に対し暴行は許されないであろう。

共産党に限らず対立(敵対する)候補者や議員その支持者に対してもそのような暴力行為は許されないことである。

このような行為で死者が出たりその関係者とは無関係の市民が巻き添えになって犠牲になることは決して許されない事なのだ。



(右派・左派に限らず)マスコミ、知識人、活動家や政治家の中に対立者に対するこのような暴力行為を密かに喜んだり黙認するだけでなく影で支援したりするものがいる そうした行為を許せば我が国や国民に「暗闇」をもたらすであろう それを許してはならない



政治活動中の男女殴られる 京都市長選に立候補表明の陣営

2012.1.15 18:10

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120115/crm12011518110014-n1.htm

15日午前11時20分ごろ、京都市伏見区桃山羽柴長吉中町の住宅街で、京都市長選に立候補を表明している中村和雄氏=共産党推薦=の確認団体「京都市政 を刷新する会」の集会に参加を呼び掛けていた55〜67歳の男女3人が、突然男に顔などを殴られてけがをした。男は逃走した。



府警伏見署によるといずれも命に別条はない。男は大声で何かをわめきながら突然殴りかかり、そのまま逃走した。同署は傷害事件として行方を追っている。



京都市政を刷新する会の池田豊事務局長は「市長選を控えての政治活動を暴力的に封殺する行為で断じて許されない」と話した。



2月5日に投開票される京都市長選には、中村氏のほか、現職の門川大作氏が立候補を表明している。



 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いくら対立者が嫌いだからといって てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる