てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 河本準一が認識すべきこと

<<   作成日時 : 2012/05/17 11:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

せめて河本準一さんには「売れている間」でも良いから母親の経済的支援を行うべきであったと感じました。

この問題は「現在は〜やってない」で許されることではないと感じました。

河本準一はこのことを認識すべきです。



【民法(扶養義務者)877条 直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。】 また生活保護は決して「貰えるものは貰っておけ」で済まされるものではない



次長課長・河本の母の生活保護不正受給問題、よしもとが反論…「現在は、生活保護費を受給しておりません」

http://www.cinematoday.jp/page/N0042186



いコンビ・次長課長の河本準一の母親が生活保護費を不正受給しているのではないかという一部報道に対し、所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーが16日付で「現在は、生活保護費を受給しておりません」と声明を発表した。



インターネット上で話題になった同問題については、週刊誌に加え、世耕弘成や片山さつきといった参議院議員がブログで取り上げるという事態に発展。声明の 中でよしもとは、「河本の親族が生活保護費の受給を受けているという重大なプライバシー情報が報道されていること自体、重大な人権侵害である」との見解を 示しており、詳細な状況説明は行わないとしている。



その一方で、過去に河本の親族が生活保護費を受給していたことは認めているものの、 「河本が無名の時代に開始されたもの」であり、「河本本人は、なるべく親族に負担をかけることがないよう、そして、いつかは生活保護に頼ることなく自分の 力だけで養っていける状況にできるよう、担当の福祉事務所などとも相談しながら、懸命に努力してまいりました。現在は、生活保護費を受給しておりません」 と正式に報道を否定した。



「河本本人及びその親族において、生活保護費の不正受給のそしりを受けるような違法行為が存在しない」と発表 したよしもとは、今後については「管轄の福祉事務所や両参議院議員にもご説明のうえ、行政からの何らかの指導があるようであれば、これについても適切に対 処してまいる所存です」と説明している。(編集部・福田麗) 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
河本準一が認識すべきこと てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる