てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 陰湿ないじめが目立ってきたのは

<<   作成日時 : 2012/07/08 11:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

犯罪同様の陰湿ないじめが目立ってきたのは子供の前で注意できる大人がいなくなってきたからではなかろうかと感じました。

そのような大人が子供たちに社会性やその他諸々大切なことを教え、その存在が社会の維持に繋がったと思います。



子供に嫌われることを恐れるな 注意することを恐れるな 悪いことは悪いと言う姿勢を我々は持たなければならない



>『いじめ』をなくすのは簡単だ。

いじめをしている子どもをみたら、周囲がこう言えばいい。



『今やっていること、お父さんやお母さんの前でもできるの?』



子どもの教育は、学校の教育現場の対応だけでできるものではない。

そして、私が考える一番の問題は、街で子どもに社会性を教えていた、

『くそじじぃ』がいなくなったことだ。



だから、私は『くそじじぃ』でいようと思う。

-----

つい先日に下記のようなことがあった。



先日のクライアント様先からの帰り道のこと。



交差点で信号待ちをしていたら、

しつけの悪そうな中学生くらいの子ども3人が自転車に乗ってきた。



そして、信号が変わるのをまっていたら、

ふたりの子どもが、ひとりの子どもの服を引っ張ったり、

デカい声で脅かしたり、殴るフリを始めた。



どうみても、ひとりの子どもは普段からイジメらているようにしか見えない。

そして、周りにいた大人は誰も何も言わないので、言ってやった。



(私)

『イジメをするなよ!』



(いじめていた子ども)

『いじめてないよ。遊んでんだよ!』(+ガン飛ばし)



(私)

『今やっていること、お父さんやお母さんの前でもできるの?』(+睨み付け)



(いじめていた子ども)

『…(沈黙)』



そして、信号が変わったので、私は歩き出した。

しかし、自転車に乗った子どもたちに追い越される時に、こう言われた。



『イジメてねぇよ!くそじじぃ!』



最高の褒め言葉をいただいた。

これからも、くそじじぃでいたいと思う。



http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1857195056&owner_id=13019810からの転載でした 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
陰湿ないじめが目立ってきたのは てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる