てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 【少年法】審判に付すべき少年

<<   作成日時 : 2012/07/11 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(・∀・)<大津市皇子山中学の2年生男子生徒が【いじめを苦に】自殺をした問題について。





加害者のクソガキどもが行なった一部の鬼畜行為は以下の通り。



----

●弁当を落とされた

●火のついたタバコの先をつけられた (傷害罪?)

●「死ね」「ウザイ」「家族全員死ね」などの言葉の暴力

●使い走りをさせられた

●教室の隅やトイレで殴られた (暴行・傷害罪?)

●お昼のパンを食べられた

●ボコボコにされた (傷害罪?)

●サンドバッグみたいだった (傷害罪?)

●ハチを食べさせられそうになった (暴行罪?)

●物をゴミ箱に捨てられた (所有権の侵害行為?)

●体にあざができるまで殴る蹴るの暴力 (傷害罪?)

●首を締められた (殺人未遂)

●ハチマキで手を縛られイスにくくられ殴られた (傷害罪?)

●万引きをさせられた (窃盗教唆)

●服を脱がされて変な写真を撮られた

●紙を食べさせられた

●カツアゲされた (恐喝・窃盗罪?)

●口座番号やキャッシュカードの暗証番号を言わされた (恐喝・窃盗罪?)

●自殺の3日前に自宅を荒らされ財布を盗まれた (恐喝・窃盗罪?)

●毎日自殺の練習 をさせられた (自殺教唆?)



※字の細かいところは見えにくい為、省略しました。

----



(・∀・)<上記のような鬼畜行為にはカッコの中の罪状が該当するのではないかと思います。(私は専門家ではありませんので?をつけました。)



素人でもこういう罪状がつくのではないかと思うような鬼畜行為を無かったかのように隠蔽しようとする市(教育委員会)や警察、学校はカビだらけで腐っている!



滋賀県、大津市共々、隠蔽するようなら検察庁に調査の依頼をするしかないでしょうが、以下のような少年法の条文を見つけた。



-----

第2章 少年の保護事件



第1節 通 則



(審判に付すべき少年)

第3条 次に掲げる少年は、これを家庭裁判所の審判に付する。

1.罪を犯した少年

2.14歳に満たないで刑罰法令に触れる行為をした少年


3.次に掲げる事由があつて、その性格又は環境に照して、将来、罪を犯し、又は刑罰法令に触れる行為をする虞のある少年

イ 保護者の正当な監督に服しない性癖のあること。

ロ 正当の理由がなく家屋に寄り附かないこと。

ハ 犯罪性のある人若しくは不道徳な人と交際し、又はいかがわしい場所に出入すること。



ニ 自己又は他人の徳性を害する行為をする性癖のあること。





2 家庭裁判所は、前項第2号に掲げる少年及び同項第3号に掲げる少年で14歳に満たない者については、都道府県知事又は児童相談所長から送致を受けたときに限り、これを審判に付することができる。

----





(・∀・)<数百人の生徒にアンケートを行い、数々の鬼畜行為がしれたわけですが、ある行為に対し数十人が同じ回答をしているのなら、警察は被害届を受理し、調査をする義務があるのではないか!



どう考えても刑事事件として扱う事件であり、被害届を3回も拒否したということは・・・ もう警察組織として全く機能をしていないと見てよいだろうね!怒



文科省が調査にあたるとかなんとか言っているようだが・・・ ハッキリ言ってあてにならないし、本来は検察庁の仕事だと思う次第!









(・∀・)<デヴィ夫人もこの事件についてブログに書かれているようですが、気になったのが以下の文章です。



----

北本市・大津市の いじめ自殺問題 悪童連を少年院に送れ!

http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-11298935138.html#cbox



学校が こんなにも いじめをひた隠しにするのは

学校の 「評価制度」 というものが 背景にあるからです。



「いじめ」 が発覚すると 学校の評価が下がり、

一定の件数に達すると 何と 「廃校」になるそうなのです。




学校側は この評価や 廃校を恐れ、 自らの保身のためにも

生徒の命や 人権を差し置いて 事実を隠ぺいするのです。



今や 学校も ビジネス化しており、 教師はサービス業で

生徒は 顧客なのだそうです。 もし そうなのであれば 

顧客である生徒を もっと大事に扱うべきなのでは?

----





(・∀・)<特に赤字のところですが・・ なるほど・・ だから学校や市も隠蔽したがるわけだ!



日教組がはばをきかせ、ハングル語を強制するような基地外の巣窟は廃校にしてしまえ!!! と正直思いますね。



今回発覚した事件だけではなく、過去にも悲惨な虐め殺人事件があった学校です。 また、発覚していない悲惨な事件も薮の中といった状態であるのではないか? 



徹底的に追求してもらうよう私達も何らかの手段で動いていく必要があると思う次第である。



http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=385909からの転載でした。  



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【少年法】審判に付すべき少年 てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる