てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 大津イジメ事件 学校側の対応

<<   作成日時 : 2012/07/14 11:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

学校の生徒ですが、事件の朝、あの三人ともう一人学校にきてません。

調べればわかります。

警察は出席簿を調べるべきです。

森山先生はそもそもつけてませんでした

同じ学年の全部のクラスの人に当日誰が来てなかったか聞いて欲しいです

あと、部活動停止は嘘で何人か顧問に呼ばれて部活を辞めさせられてます。

学校名がばれるまでは校門のそばは先生が見張ってました。

たけとつかまろの親が地元の偉い人なので、何をやっても大丈夫なのはみんな知ってて、たけは県の一番偉い人と親が友達でした。 だから、誰が言っても森山は止めないし怒らなかったんです

警察が出席をきけば真実がわかります。

いまクラスは副担任が担当して、森山先生が来てませんが

副担任が、テレビに喋ったら必ず誰だかわかるから、100%の自信がないことは犯罪になるって、

みんなにいってました

つかまろと、たけです。

こうやは二人の用心棒?

兄弟もクラスメートもその親も何度も言ったのに、たけの親が偉いから森山がその生徒と親をおどしたんだ

偉いのはたけの親です。

つかまろの親は学校の委員会をやっていて先生に影響がある

警察が全員呼んで欲しい。

呼ばれたら必ず話します。

しょっちゅう顔が腫れてたよ。体はあざだらけで、学年は全員知ってて、別のクラスの親も学校に言ったけど、たけの親が偉すぎるから、たけは今も学校にいる。

先週の終わりから休んでいるけど転校していないし

在校生による証言(コピペ)でした・・・



この様な教師や学校によっていじめがエスカレートしただけでなく自殺(とみなされるが他殺の可能性が高い)した生徒の家まで荒らしついには最悪の事態を生んだのでした・・・

ま た加害者の親の言いなりになって真実が隠蔽されたままの状況を学校側が許したことを反省しなければなりません。たとえ加害者の親が実力者であっても学校側 はそれに屈せず加害者に対し毅然とした態度で指導すべきであり、それでも親が圧力をかけるなら公権力の力を借りてでもその圧力に抵抗すべきであったと感じ ました。

 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大津イジメ事件 学校側の対応 てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる