てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島は「スリーマイル」にも「チェルノブイリ」にもならなかった!!

<<   作成日時 : 2013/05/28 11:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

福島事故の甲状腺集団線量「チェルノブイリの1/30」という報道を知って福島は「スリーマイル」にも「チェルノブイリ」にもならなかったという福島第一 20km圏内も復興可能と主張し農家の再建に前向きな牛農家とともに科学調査を進めている高田純先生の言うことが正しいと感じました。

この報道を皆に知って貰いたいと思いますし、放射脳と呼ばれる方々のアレルギーを取り除くきっかけにもなって貰いたいと思いますし福島住民の励みになるのではなかろうかと感じました。



何度でも言うが「放射能の恐怖」と対峙しそれに打ち勝つ姿勢こそ求められる。我々は福島の復興を全力で支援すべきである



参考 放射能の恐怖を訴えるよりも大切なこと

http://tekamaru.iza.ne.jp/blog/entry/3032344/

福島事故の甲状腺集団線量「チェルノブイリの1/30」





http://news.nicovideo.jp/watch/nw628293






【医療・被曝(ひばく)担当=大岩ゆり】東京電力福島第一原発事故について、国連科学委員会が報告書案をまとめた。



集団でみた日本国民の総被曝(ひばく)線量(集団線量)は、甲状腺がチェルノブイリ原発事故の約30分の1、全身は約10分の1と推計した。



個人の被曝線量も推計し、多くが防護剤をのむ基準以下で、健康影響は「(6千人の甲状腺がんが出た)チェルノブイリとは異なる」「(がんの発生は少なく)見つけるのが難しいレベル」と結論づけた。



報告書案は、国連科学委員会の専門家ら約85人が2年かけてまとめた。27日からウィーンで始まる科学委員会総会で議論され、9月の国連総会に提出される。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
福島は「スリーマイル」にも「チェルノブイリ」にもならなかった!! てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる