てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ヤラセ」を行った弁護士もテレビ局も

<<   作成日時 : 2013/07/19 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

インターネットによる「詐欺被害者」の人物が実はそうではなかった、しかもそれを紹介したのがその番組に主演した弁護士だった・・・・ 弁護士の行動も倫 理に悖(もと)るがしかしテレビ局も取材や製作段階で少し調べればその言動がわかるのにそれを行わなかった、もしかしたら意図的なものか? もし意図的な ものならそのヤラセを行った弁護士もテレビ局も共に糾弾されるべきだと感じました・・・



もう僕らは「詐欺テレビ」「ウソテレビ」「デマテレビ」「ミスリードテレビ」に成り果てたテレビなんか見たくもない。




■日テレ番組で「詐欺被害者」、実は弁護士の知人

(読売新聞 - 07月19日 12:02)





日本テレビは19日朝の情報番組「スッキリ!!」で、昨年2月と同6月の番組内で取り上げたインターネットを利用した詐欺問題の被害者男女2人について、実際は被害者ではなかったと訂正し、謝罪した。



いずれも番組に出演した奥野剛弁護士(第二東京弁護士会)から紹介されていた。同社は詳しい取材経緯を調査している。



同社総合広報部によると、昨年2月29日に放送した出会い系サイトを巡る詐欺問題の特集で、被害者として千葉県内の28歳の女性のインタビューを放送。同 6月1日には、芸能人になりすます「サクラサイト」の詐欺を特集し、被害にあったという40代の男性のインタビューを放送した。番組側が奥野弁護士に「取 材できる被害者を紹介してほしい」と持ちかけ、2人を紹介されたという。



今月になって、外部から指摘があり、奥野弁護士に確認したところ、知人の男女に被害者のふりをして取材に応じるよう依頼していたことがわかった。奥野弁護士は「自分の判断でやった。ご迷惑をおかけした」と話しているという。



同社はこの日の番組で「十分な裏付けを取らずに放送しました。再発防止に努めてまいりたい」と謝罪した。奥野弁護士の事務所は「取材には応じられない」としている。 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ヤラセ」を行った弁護士もテレビ局も てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる