てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 容疑者が起こしたトラブルは「村八分」のせいだ!!!

<<   作成日時 : 2013/07/27 10:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

山口県で起こった殺傷事件は容疑者と住民らの間にトラブルが起こったがそれは容疑者のせいではなく村人たちの村八分によるよるものである。

まとめサイト ( http://matome.naver.jp/odai/2137482275117465201 ) によると、容疑者は村人じゅうからイジメ嫌がらせを受け続けていて雑用をさんざん押し付けられ酒の席では被害者にさされるなどされ飼っていた犬がくさいと 因縁をつけられ、草刈機にまで火を付けられてしまっていたのである。その村人たちはそのことを知っていながら「よそ者」だからと軽く見るどころか影でせせ ら笑っていたのではなかろうか更に容疑者が逮捕されても村人たちは「鬼の首を取ったが如く」一斉に犯人を貶める証言を行いマスゴミ達が大々的に報じるので はなかろうかと思った。マスゴミ達がこの事件の真相に触れることなく猟奇的な事件として扱いかねないであろう。

それでは問題の解決には決して繋がらないのだ。

「村 八分」が引き起こした事件はそれだけではない。新たに入ってきた若者や居住者をいじめぬくだけでなく自殺に追い込み、医者のいない村に医者が住んでも追い 出すということすら平気で行うのだ。これでは地域の健全な発展は望めないであろう。「村八分」が犯罪であるという認識を持たなければならない。



「井の中の蛙大海を知らず」という言葉があるがしかし腐敗した「井の中」で満足しきって大海から現れたものを排除する社会には明日はない! この事態を改善しなければ村社会は滅ぶであろう!!




<山口5人殺害>父親死後、住民らとトラブル目立ち…容疑者

毎日新聞 - 2013年07月27日

山 口県周南市金峰(みたけ)で住民5人が殺害された連続殺人・放火事件で、山口県警が26日、山本ミヤ子さん(79)に対する殺人、非現住建造物等放火容疑 で逮捕した近くの無職、保見光成(ほみ・こうせい)容疑者(63)は山本さん殺害と放火容疑を認め、他の4人の殺害についても「私がやりました」と供述し ているという。事件発生6日目の容疑者逮捕で、焦点は凄惨(せいさん)な事件の動機解明に移る。【蒲原明佳、柴山雄太、杉山雄飛、井川加菜美、尾垣和幸、 高橋直純】



逮捕容疑は、21日ごろ、山本さんの自宅で、山本さんを鈍器のようなもので殴って殺害し、火をつけたとしている。



事件の背後に何があったのか−−。住民らによると、保見容疑者は事件現場の金峰地区郷集落の出身。約7キロ離れた中学校を卒業後に地元を出た。



成人後の保見容疑者にはトラブル話がつきまとう。1996年ごろまで10年ほど、川崎市多摩区のアパートで暮らし左官の仕事をしていたという。保見容疑者 と同じ駐車場を利用していた近所の男性(67)は、車に関するトラブルで保見容疑者に怒られたのを覚えている。アパートの住民とのいさかいも多かったとい い「息子も投げ飛ばされたことがあると言っていた」と話した。



父親の介護で古里に戻ったころは、トラブルはなかった。介護を手伝っていた元ホームヘルパーの女性(65)によるとむしろ「いつもありがとうございます」と丁寧にあいさつし、献身的だった。



だが、7年前に父親が亡くなって以降、評価は変わる。「目つきが変わり、近寄りがたくなった」。自宅に上半身だけのマネキンを置くなどの“奇行”が目立つようになった。



このころから住民とのトラブルが目立ち始めた。同級生の男性は「向こうから段々離れていった」と話す。2003年には、今回の事件で殺害された被害者の一人が酒席で保見容疑者を刃物で刺したこともあった。 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
容疑者が起こしたトラブルは「村八分」のせいだ!!! てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる