てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 刑務所の給食 受刑者には「無理」なのか

<<   作成日時 : 2013/10/17 11:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

法務省は来年度、受刑者らの給食を作る業務に、民間委託を導入することを決定した件で受刑者には給食を作ることが「無理」なのかと思ってしまいましたが一番の原因は「食中毒」を起こしやすいことが原因かも知れませんが受刑者が料理を作ることがない、または経験が少ない事によって「臭い飯」ならぬ「まずい飯」で受刑者にとっては精神衛生上良くないのではなかろうかと感じてしましました。
それでも刑務所給食の委託で行政・刑務所側が一部の業者と「悪い企み」がないよう注意しなければなりません・・・

受刑者の給食、「自炊」やめ民間委託へ…法務省(読売新聞)

2013年10月13日(日)23:25

 法務省は来年度、受刑者らの給食を作る業務に、民間委託を導入する。

 4か所の刑務所などで委託契約を結び、その後、全国の施設に広げる。

 運営費の削減に加え、雇用や食材の購入を通じて地域活性化にも貢献するのが狙いで、周辺の学校や社会福祉施設への給食の配送も検討している。

 刑事施設内での給食業務の民間委託は、6月に政府が閣議決定した公共サービス改革基本方針に明記された。来年度は加古川刑務所(兵庫県加古川 市)、岩国刑務所(山口県岩国市)、高知刑務所(高知市)、大阪拘置所(大阪市)で競争入札を実施し、従業員の採用や食材の調達で地元を優先することなど を条件に、1社と10年間の契約を結ぶ。

 刑務所での給食は、現在は受刑者が自ら作っているが、受刑者数の減少や高齢化の進展で、調理担当者の確保が難しくなっている。衛生管理も不十分になりがちで、食中毒も起きている。今回の委託には、受刑者の生活環境を改善する目的もある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
刑務所の給食 受刑者には「無理」なのか てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる