てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆世界にいい影響を与えている国は?

<<   作成日時 : 2013/10/26 12:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2012年5月、イギリスのBBC放送が読売新聞社などと22カ国で共同実施した世論調査によると、日本が「世界に良い影響を与えている」という評価は58%で、もっとも高い評価を得た(「読売新聞」2912年5月11日付)。

調査は、国際社会に影響を及ぼす16カ国とEU(欧州連合)の評価を聞いたもので、「良い影響を与えている」という評価については(以下、数字は%を示す)日本に次いでドイツ56、カナダ53、イギリス51などが続いた。

一方、日本について「悪い影響を与えている」という回答は21で、これはカナダ14、ドイツ16、ブラジル18、イギリス20に次いで5番目に低い評価だった。もっともBBCの報告では、日本に対して「良い影響を与えている」よりも「悪い影響を与えている」という回答が多かったのは中国(16対63)と韓国(38対58)のみで、その他の国はすべて「良い影響」のほうが上回った。

ちなみに、「良い影響を与えている」国の5位が中国だった。チリ、ペルー、ブラジルなどの中南米やナイジェリア、ケニアといったアフリカの国々が中国に対して「良い影響」の評価が多いものの、アメリカやドイツ、スペイン、日本などは「悪い影響」のほうが上回った。

おもしろいのは、小中華である韓国の中国に対する評価は、「良い影響」が33に対して「「悪い影響」が64と、いい印象を持っていないことだ。

その韓国だが、「良い影響」は37、「悪い影響」は27で、ブラジルやメキシコ、スペイン、ドイツなどでは「悪い影響」という評価のほうが多かった。とくにEUでは、スペイン、ドイツ、フランス、イギリスという調査国すべてで「悪い影響」が40を超えていた。

また、シドニーの国際研究機関、経済平和研究所が発表していいる「世界平和度指数」(2012年)によると、調査を行った158カ国のうち日本は第5位で、アジアは20カ国中ダントツの平和であった。この調査は、治安・紛争・軍事という3つのテーマをもとに23項目を調査対象としている。

アジアではブータン(19位)、マレーシア(20位)シンガポール(23位)台湾(27位)ベトナム(34位)ラオス(37位)と続き、韓国は42位でアジアでは8番目だった。中国は全体で89位、アジアで11番目だった。

いくら中国や韓国が日本の評判を貶めようとしても、世界では日本の評価が最高水準に高いことがわかる。

 (資料参考) (栞)

頑張ろう日本  未来の世代の為に

http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=524523からの転載でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆世界にいい影響を与えている国は? てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる