てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 喫煙エリア、喫煙者のどこがアカンのか!?

<<   作成日時 : 2013/10/30 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

繁華街公園に灰皿を設け喫煙エリアを配置したがそれで苦情が出て撤去される羽目になった・・・
確かに喫煙エリアのある公園が繁華街の中心にあってそこから多くの喫煙家が集まるのはやむを得ないがしかし、喫煙エリアを他の場所に分散させるなど何か策がなかったのか!?
喫煙場所をなくして逆に歩きタバコやタバコのポイ捨てが出てくる可能性を考えたことがあるのか?
また一部の嫌煙者は禁煙禁煙と口やかましくいうがしかしその言葉はドンドン過激になり喫煙家の人格まで否定しようとしていないか。私は煙草の煙が苦手だがしかし一部の嫌煙者の喫煙者に対する態度を見ていたら「憎悪」すら感じずにはいられない。

喫煙者が「特定のエリア」でさえもタバコを吸いにくくする態度こそ逆に社会を窮屈どころか抑圧すらしかねない 我々はそのような状況を作り出してはならない

■繁華街公園に灰皿、愛煙家引き寄せ苦情…撤去へ
(読売新聞 - 10月29日 18:27)
九州一の繁華街である福岡市・天神の警固公園に設置された灰皿が、撤去されることになった。

 市は昨年12月、同公園を再整備した際、新たに喫煙エリアを設けたが、逆に愛煙者が集まるようになり、「においが気になる」などと、市民から苦情が相次いだという。

 市によると、天神は市の条例で路上喫煙が禁止されており、市は公園の再整備に合わせ、地下駐車場出入り口の建物の周りを透明なついたてで囲み、喫煙エリアを設置した。しかし、天神の中心部にあり、西鉄福岡(天神)駅からも近いため、愛煙家を引き寄せる形になってしまったという。スペースに入りきれず、ついたてからはみ出して喫煙する人の姿も見られる。

 公園には家族連れも多く立ち寄るため、市民から「受動喫煙を防ぐため、喫煙エリアを設けるべきではない」などの声が寄せられた。

 このため、市は11月11日から灰皿6台を撤去することにした。ついたてには公園の歴史などが記されているため、そのまま残す。自ら携帯灰皿を用意し、喫煙エリア内で吸うこと自体は問題ないという。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
喫煙エリア、喫煙者のどこがアカンのか!? てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる