てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆身の丈を知って行動しよう

<<   作成日時 : 2013/11/19 11:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

引っ込めることのできないところまで腕を伸ばすな。

         18世紀〜19世紀のイギリスの詩人  ウォルター・スコット

ウォルター・スコットはロマン派の代表的な詩人といわれた人物ですが、いっとき、欲に目がくらんで印刷会社の経営にかかわり、その会社が倒産したため、多額の借金を背負ったことがありました。

ようやく借金返済の見込みが立った時に友人にもらしたとされるのが見出しの言葉で、わかりやすく言うと身の丈を知って行動することの大切さを説いています。

日本でフリーで翻訳の仕事をしている男性が似た体験をしています。

男性はある時、地元のボランティア団体の幹事を引き受けたことがあります。

ところが、いざ始めてみると意外と大変で、そちらのほうに時間を取られるようになったため、肝心の本業がはかどらなくなり、締切に大幅に遅れるなどして、仕事に悪影響をきたしたことがありました。

以来、男性は何でも安易に引き受けるのはつつしむようになったといいます。

この話はけっして特殊な例ではないと思うのです。

何事も積極的に考え、積極的な姿勢で取り組むのはもちろん大切なことです。

しかし、むやみに手を広げ自分の身の丈以上のことを行うと、エネルギーが分散されてしまいますし、それだけでなく、思いがけない災難に出会う可能性もあります。

したがって、リスクがあることに取り組む時は、背伸びしないことです。

最悪の事態に遭遇しても切り抜けられるという確信がないものには手を出さないほうがいいでしょう。

こうした慎重な姿勢を持つことも、心をへこまさない上で大切なことなのです。


 (資料参考) (栞)

頑張ろう日本  未来の世代の為に

http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=528727より転載しました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆身の丈を知って行動しよう てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる