てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS たとえ山本太郎の手紙が「デマ」であっても

<<   作成日時 : 2013/11/04 02:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日天皇陛下に手渡された山本太郎の手紙がネット上で広がっている件で、もしこの手紙が「デマ」ならば山本太郎はその原文を公表する必要があると感じました。
画像


画像


また山本太郎の手紙の一部が東京スポーツに載りましたが山本氏のもつタブレットに、手紙の一部が写っている写真が掲載されています。
参照 http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/200284/
この画像と望遠カメラで撮られた手紙の一部から読み取れる手紙の文面は、次の通りです。

1,望遠カメラの画像から(日記に貼り付けた写真1)

陛下、私はこの
参議院議
山本太 申し

2,東京スポーツに掲載された画像から(日記に貼り付けた写真2)
目の前のお金の為
安全基準を設定
経済が滞らない様
だけで原発敷地
「低レベル放射性廃
同等の「一キロあたり
が現在の「食品の定

東京スポーツに掲載された山本氏の手紙の一部をざっと見ての私見ですが、高濃度の放射能(があると山本氏が考えている)を金儲けのために安全基準を甘く見ていること、放射性廃(棄物)から出る放射能が食品の定量と同様のものと読めると思われます。また山本氏が天皇陛下を通じて我が国を「脱原発」に導こうとしている可能性は極めて強いです。

国民は山本氏が何故天皇陛下に「手紙」をお渡ししたのか、山本氏の行為はただのパフォーマンス、それどころか天皇陛下を「反原発」のために政府・与党の原発推進派を抑えようとするための「政治的利用」に当たるのではないのかといぶかる声が出てくると思います。

ネット上で広がっている山本氏の書いた手紙とされるものが「デマ」であっても、現憲法下で政治に対する関与を否定され、「国民の象徴」である天皇陛下を通じて我が国や国民に影響を与えようとした行為は左右両派だけでなく国民からも批判されることを山本氏は認識しなければなりません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
たとえ山本太郎の手紙が「デマ」であっても てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる