てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ロシア 学校襲撃事件は「テロ」じゃなかったけど

<<   作成日時 : 2014/02/04 10:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ロシアの首都モスクワで2月3日10代の男子学校を襲撃し、教師と警察官を射殺した事件ですが生徒と教師との関係に問題が生じたことによるもので、「テロ」によるものではないのですがソチオリンピックを控えたロシアにとって衝撃的なものではなかろうかと感じました。
「情操教育」を十分に行えば悲劇は起こらなかったとプーチン大統領は述べましたが生徒と学校との間にトラブルが発生したならばそれをすぐに解決する諸制度を整える必要がありますし、父親が所有するライフル銃によって事件が起こったことを鑑みれば銃の所持を厳しくすることをロシア政府は検討しなければなりません。
この学校襲撃事件は「テロ」じゃなかったけどもロシア政府の問題点が色々と見えてきたと感じました・・・


モスクワで学校襲撃 2人死亡
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140203/k10014984921000.html
ロシアの首都モスクワで3日、日本時間の3日夕方、銃を持った生徒が学校に押し入り、教師と警察官の合わせて2人が撃たれて死亡しました。
捜査当局では、この学校に通う生徒の身柄を拘束して動機などを調べています。

モスクワの北部にある第263学校で、3日昼すぎ、日本時間の3日午後5時すぎ、銃を持った生徒が教室に押し入り、教師と駆けつけた警察官らに向けて発砲しました。
ロシアの捜査当局によりますと、撃たれた教師と警察官の合わせて2人が死亡し、警察官1人がけがをしたということです。
銃を撃った生徒は一時、ほかの生徒たちを人質にとって教室に立てこもっていましたが、父親の説得を受けて、およそ15分後に投降し、警察に身柄を拘束されました。
この学校には、日本の小学生から高校生に当たる児童と生徒が通っていますが、銃を撃ったのは高学年の生徒で父親が所有するライフル銃を持っていたということです。
ロシアの捜査当局では生徒が学校に押し入ったあと、死亡した教師に向けて発砲していることから、生徒とこの教師の間に問題がなかったどうかなどについて調べています。
今月7日に開幕するソチオリンピックを前に、モスクワでも厳重な警戒態勢が取られていますが、今回の事件を受けて、モスクワ市は、学校の警備も強化することを検討しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ロシア 学校襲撃事件は「テロ」じゃなかったけど てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる