てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 対馬は古来より日本の領土

<<   作成日時 : 2014/03/08 19:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

秋津洲、大八島など、日本の国土を示す言葉があります。
 いずれも古事記、日本書紀に記されています。

 このうち「大八島」とはその名の通り、大きな八つの島ということですが、
 この中のひとつに「対馬」は数えられています。

 対馬はその時点から、我が国固有の領土。
 というよりか、我が国の歴史の始まりから「我が国そのもの」なのです。

 我が国最古の歴史書である「古事記」の一説をご紹介しましょう。

まだ地表が陸と海とがはっきりしていない「ジェル状」だった頃、
 イザナギノミコト(男神)とイザナミノミコト(女神)が、
 天と地を結ぶ橋とされる「天の浮き橋」から長いなぎなたを海原に下ろし、
 かき回して持ち上げると、滴り落ちた滴が島となりました。

 これがオノゴロ(オノコロ)島です。

 架空の島との説が有力ですが、
 淡路島周辺の沼島、あるいは友が島のことであるとの説もあります。

 いずれにせよ初めてできた国土。
 ここにイザナギ・イザナミは降り立ち、居を構えて結婚しました。

 そして、続いて産まれた子が、新たな国土となります。
 「国生みの物語」がここから始まります。

イザナギ・イザナミは、八つの島を生み出しました。
 これが「大八島(おおやしま)」で、生まれた順に紹介します。

 【淡路島】淡道之穂之狭別島(あはぢのほのさわけのしま)

 【四 国】伊予之二名島(いよのふたなのしま)

 【隠岐島】 隠伎之三子島(おきのみつごのしま)
        別名:天之忍許呂別(あめのおしころわけ)

 【九 州】 筑紫島(つくしのしま)

 【壱岐島】 伊伎島(いきのしま)
         別名:天比登都柱(あめひとつばしら)

 【対 馬】 津島(つしま)
       別名:天之狭手依比売(あめのさでよりひめ)

 【佐渡島】 佐度島(さどのしま)

 【本 州】 大倭豊秋津島(おほやまととよあきつしま)
        別名:天御虚空豊秋津根別(あまつみそらとよあきつねわけ)

 対馬はいわば「八人兄弟の六男坊」ですね。
 これを韓国は、横取りしようとしているのです。

 あきれてものが言えません。

古事記の解説書によれば、これらの島は表面上は
 「国生みにより、新たに発生した」とありますが、
 ここに大きな疑問があります。
 
 まずは、「人が、土地を産む」という不自然さ、
 そして、新たに発生したばかりの土地に、人がいるわけはない

 という2点です。

 サヨクはこれを逆手にとって
 「古事記は単なる空想小説であり、学術的根拠なし」と
 鬼の首でも取ったかのごとく主張するでしょうが、

 解説書によれば、

 【四国】を「伊予之二名島(いよのふたなのしま)」と称しているのは
 この島で「伊予」という地域が一番栄えていたから、
 島全体もそう名付けたのだと考えられています。

 【九州】を「筑紫島(つくしのしま)」と称しているのも、同じ理由でしょう。

 となると、国生みにより
 「島そのものが物理的に生まれた」というのではなく、

 島はすでに存在し、人々の営みや集落があった。
 まがいなりにも「島の中心部」が自然発生していたと考えられます。

 すなわちこの国生みは、政治的・行政的見地から今風に言えば
 「周辺の土地を、我が国の領土に編入していった」
 と解釈するのが自然なことだと、私は思います。

 ですから対馬は、この時から我が国の領土なのです。

それと、「カミ」という言葉。

 これは、宗教的な「神」という意味とともに、
 のちに、その地域の行政のトップ、すなわち「首長」をさす「守(カミ)」と
 同義であり、その語源とも解釈できます。

となると、一番最初の国土である「オノコロ島」の…

 〜伊邪那岐(イザナギ)・伊邪那美(イザナミ)は
 天浮橋(あめのうきはし)に立ち、
 天沼矛(あめのぬぼこ)で、渾沌とした大地をかき混ぜる。
 このとき、矛から滴り落ちたものが積もって
 淤能碁呂島(おのごろじま)となった〜

 〜二神(イザナギ・イザナミ)は淤能碁呂島に降り、結婚し居を構える〜

 との古事記の記述(口語訳)は、

 イザナギ・イザナミを司令官とする“カミの勢力”が
 “天沼矛”(=武器)を持って、
 “渾沌とした大地”を(=争いが絶えず治安が悪いこの地域に)
 “かき混ぜる”(=攻め入って)
 “矛から滴り落ちたもの”が積もって(=血・犠牲を伴って)
 “淤能碁呂島(おのごろじま)”(=新たにここがオノコロ島と命名された)

 とも、解釈できます。

 淤能碁呂島(オノコロ島)は、我が国最初の首都。
 二神が構えた新居は、「皇居の発祥」とも解釈できますね。

mixiユーザーからの提供でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
対馬は古来より日本の領土 てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる