てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 池田名誉会長のブレーン 「学会」脱会

<<   作成日時 : 2014/04/30 11:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日「学会」・池田名誉会長のブレーンを努めた(実際は池田名誉会長の著書の「代作」を行った)人物が脱会し、「学会」を批判している宗派の日蓮正宗顕正会の機関紙「顕正新聞」にその現状を暴露しました・・・
私はその人物が平穏無事で余生を送れることを願うとともに、機会があれば、または心に余裕があれば学会・池田名誉会長の真実を語ることを願ってやみません・・・

大矢さんは昭和四六年、学生だった二三歳のころから、学会本部で教学のサポート的な仕事を任されていました。
 「六巻抄」を現代語に訳し、解釈・編集して「池田大作監修」として出版したり、御書講義の原稿を書いたり、池田の和歌の共同制作などを担当し、「口止め料」が込められた報酬は月三〇万円と、当時にしては破格の金額で働いていたのです。  
 当時、池田大作の自宅には、一億円が入った段ボール箱が常時三箱は置いてあり、池田は時折、秘書に目配せして、秘密の仕事を任せている大矢さんに、 「自由に使っていい」と帯封のついた束を渡したそうです。 御書の大事もわからずに現代語に訳し、言葉を連ねて、つじつま合わせの解釈を書き連ね、そのうえ、池田大作のカリスマ化・神格化を第一として、心にもない偽りの文章を五年以上も書き続けているうち、身も心もボロボロになり、とうとう鬱状態になったそうです。
(顕正新聞 2014.4.5付)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
池田名誉会長のブレーン 「学会」脱会 てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる