てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 社会主義協会と民主党

<<   作成日時 : 2014/07/24 15:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

かつて戦後の政界、労組界に影響を及ぼした社会主義協会は国鉄労働組合左派をも影響を受け、かつての社会党、現在の民主党にまで影響を及ぼしています。

ちなみに社会主義協会会長を務めた大内兵衛は自衛隊解体論者ですが、社会主義政権樹立後はソ連式人民軍を創設すると述べました。

私達は「民主党は朝鮮政党」 を叫ぶよりも、社会主義協会が民主党の事実上のブレーンを務め、今なお社会に影響力を及ぼしていることに注意しなければなりません。

>法政大学総長で社会主義協会会長、日本の左翼の大御所であった大内兵衛。


オカマで有名な東郷健は社会党支持の左翼で大内兵衛とも仲が良かった。


ある日、大内兵衛は


「日本がソヴェート社会主義になったらお前の病気も治る」


と真剣に言った。


病気とはオカマのことである。



社会党事務局は社会主義協会会員が多くいたが、社会党が沈むにしたがって社会主義協会会員

は民主党へ逃げ、民主党事務局員となり法律作成に影響力を持っている。

民主党が突飛な反国家政策・親中政策を時折、打ち出すのは社会主義協会会員である事務局の影響がある。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1929803809&owner_id=9108392から転載しました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
社会主義協会と民主党  てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる