てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 護国神社へ参拝しよう!

<<   作成日時 : 2014/08/14 11:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

靖國神社に行けない人は地元の護國神社に参拝しましょう。

護国神社には靖国神社へとつながっています。

みなさんが率先して英霊に感謝を捧げ、我が国や社会を担っていこうという姿勢が大事です。

戦没者や日本の為にも護国神社へ参拝しましょう。

どうかよろしくお願いします。

参照

本日は皆様に提案がございます。

 それは、北京五輪中に日本の首相として靖国神社へ参拝すればシナ(チャイナ)共産党の反応が見モノだったにも拘らず、福田康夫首相では全くどうしようもありませんので、私たち国民の意志を毅然と示そうというものです。

 とはいえ、全国民が東京九段の靖国神社に行く事は叶いませんので、皆様がお住まいの各都道府県にある護国神社へ参拝しましょう。無論、東京都民の皆様は、どうか靖国神社を宜しく頼みます。

 全国護国神社一覧 靖国神社公式ウェブサイトより

 最近では、維持運営が傾き始めた護国神社もあるやの噂を聞き、存外にその存在が一般的に認知されていない事に気付きました。このままでは「護國」の名を残した日本人の想いが消えてしまうでしょう。

 その想いとは、到底シナや朝鮮半島の異文化民族が理解出来るもので無く、それは当然の事なので口出ししなければよいものを、ただ自分たちの体制維持の為の「反日」にいちいち反応してしまう日本政府も、或る意味「異文化民族と日本民族を同化」した上での態度をとってしまっていると言えます。

 そのような尊大な思想を提示しているのが所謂「人権派」「護憲派」であり、戦没者の御霊を前にして、海外メディアが靖国神社を「戦争神社」と誤訳したままでいいとするような神経に、人間の命の尊厳や平和の尊さへの純粋なる探究心を一切感じないのは私だけでしょうか。

 8月15日前後には、靖国神社ばかりにスポットライトがあたるせいでひっそりとしてしまった護国神社で、戦没者となった私たちの先輩たちに頭を垂れましょう。どうかご協力下さい。
http://knnjapan.exblog.jp/8429555/ からの転載でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
護国神社へ参拝しよう! てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる