てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS みんなの党渡辺前代表が石原慎太郎と会ったのは何のため?

<<   作成日時 : 2014/09/23 07:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

みんなの党の渡辺喜美前代表が次世代の党の石原慎太郎最高顧問と会見したが多分、みんなの党の勢力は渡辺氏を除いて保守的な次世代の党との合流に否定的ではないのか、そもそもみんなの党の議員を見れば左翼色が強く、みんなの党の政策はかつて民主党に所属していた浅尾慶一郎衆議院議員が作成していることを考えたらみんなの党は「第二民主党」と言っても過言ではないと感じた。その政策や議員たちを見れば次世代の党の議員達や支持者はみんなの党との合流に反対するであろう。つまり、渡辺喜美前代表のスタンドプレー、あるいはパフォーマンスに近いと感じた。
それを鑑みれば次世代の党はみんなの党よりも、自民党や無所属保守の議員と連携し、お互いに行動することが必要と感じた。

次世代の党は私利私欲や知名度稼ぎのための会見やPRをしてはならない 形だけのパフォーマンスよりも地味だが、堅実な政策の提案や保守系議員との連携が求められる


■みんな・渡辺氏と次世代・石原氏が会談 合流も視野?
(朝日新聞デジタル - 09月22日 21:57)
みんなの党の渡辺喜美前代表が政界再編に向け新たな模索を始めた。22日夜、次世代の党の石原慎太郎最高顧問と会談し、記者団に「分党の経緯について聞いた」と語った。渡辺氏は代表辞任後、党幹部と対立している。党を離れたうえで、次世代と合流することも視野にあるとみられる。

 渡辺氏は安倍政権との連携強化を訴えているが、浅尾慶一郎代表は否定的。そこで、旧日本維新の会から分離した次世代との連携に目をつけたようだ。石原氏も安倍政権の政策を評価している。渡辺氏は会談後、合流について「具体的なプランがあるわけではない」と語るにとどめた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
みんなの党渡辺前代表が石原慎太郎と会ったのは何のため? てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる