てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日告発ビラを配った人に対する「仕打ち」

<<   作成日時 : 2014/09/16 04:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝日の犯罪を告発するビラ(「朝日捏造チラシ」)をポスティングしていたら、それが朝日販売店の店員に見つかり、脅されるだけでなく店員の車に轢かれそうになった・・・ そんな恐ろしいことがおきたのでした。
朝日はそこまでして批判を封じたいのかと思ってしまいました!
また朝日の批判を許さない体質が販売店の店員にまで汚染されていることにある種のおぞましさを感じました・・・

>8月下旬の夕方、私は関西某所で、「朝日捏造チラシ」をポスティングしていました。ちょうど夕刊の配達時間だったので、朝日新聞の配達員に見つかってしまいました。

 すると、その新聞配達員はもう一人の新聞配達員を呼び、ポスティングしている私の行く手を2台のバイクで塞いで、「アルバイトか?」と尋ねてきました。私が「どこの新聞社?」と逆に尋ねると、「朝日新聞」という答えが返ってきました。私が「謝れ!」と言うと、新聞配達員は「それはこっちのセリフや!」と声を荒げました。私が「ポスティングの邪魔なので、向こうへ行け。邪魔するな。」と言うと、彼らは一旦引き下がりました。

 そしてその5分後、私がポスティングを続けていると、私の約10m後方で、新聞配達員2人と車に乗った男が何やら話をしていました。すると、その車に乗った男が、徒歩でポスティングしている私の後ろにピッタリと車を付け、私はあやうくその車に轢かれそうになりました。

 そして、その男は私に向かって「何やってる?お前は誰や?誰に頼まれた?」と怒鳴ってきました。私が「朝日の店長か?」と尋ねると、「そうや。」とその男は答えました。その男は、その地域のASA○○店の店長でした。

 その店長は再び私の後ろにピッタリと車を付けて幅寄せしながら、「誰に頼まれた?」と怒鳴ってきました。私は、誰に頼まれたわけでもなく、自分の意志でポスティングをやっていましたが、朝日の販売店の店長にそのようなことを言う義務はないと思ったので、「お前にそんなことを言う義務はない」と答えました。

 すると、その店長は鬼のような形相をして、私に向かって車を急発進させてきました。その場所は全く人影のない道路だったので、私は大急ぎで走って逃げました。すると、その店長は私をどこまでも車で追いかけてきました。私は走って逃げながら、ケータイで110番しました。

 そうすると、約5分後に警察官が4〜5人来てくれました。警察官は、私の方と、店長及び2人の配達員の方とに分かれて、事情聴取をしました。そして、最後に「もう彼らは追いかけてきたり、ポスティングを邪魔することはない。もしまたしてくれば、110番すればいい」と言ってくれました。30分ぐらい警察官と話をした後、私はまたポスティングを再開しました。

 そうしていると、その15分後ぐらいに、私の前方約10mに2台の車を止めて、こちらをうかがっている集団がいました。私は気にせずにポスティングを続けましたが、どうやら近隣地域の朝日新聞の販売店の店長集団ではないかと思いました。彼らは約1分間、私の方を観察して、去っていきました。

 私はつくづく「朝日の販売店の店長は、ヤクザにような人が多いなあ」と実感しました。皆さんも「朝日捏造チラシ」をポスティングするときは、注意してください。
http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=584875からの情報でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
朝日告発ビラを配った人に対する「仕打ち」 てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる