てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 何でもヘイトスピーチで片付ける在日の態度を見て

<<   作成日時 : 2014/11/07 08:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

友好な韓日関係を民団幹部は主張し、安倍政権になってヘイトスピーチで参政権を妨害しているとも主張しているがそもそも在日や韓国の過去に行った行為が我が国や国民を苦しめ、その結果国民が在日や韓国に対する憎しみだけでなく、怨みをも抱かせたことに対する反省がないのか。
在日に参政権を与えることによって我が国が危機にさらされることを無意識のうちに我が国民が認識し、反対の声を上げたのは当然のことである。
それをヘイトスピーチとみなし、押しつぶす在日の態度は唾棄すべき行為だと思った。

日韓の歴史を認定するならば我が国や国民が韓国に関わった行為だけでなく、在日や韓国が我が国に関わった行為や我が国や国民に対し与えた結果をも認定しなければならない
何でもヘイトスピーチで片付けて批判や疑問を封殺することは許されない行為である

【統一日報】民団鳥取団長「安倍政権になり在日韓国人が参政権反対等のヘイトスピーチを受け始めた。韓日関係の為、日本は植民地支配の責任清算を」

先月、韓国・江原道と鳥取県が姉妹提携締結から20周年を迎えた。
締結当時から現在までを振り返りながら、今後の韓日について民団鳥取本部の薛幸夫団長に聞いた。

20年間で江原道と鳥取県が行ってきた交流と実績とは。

安倍内閣になって韓日関係は悪化しているといわれているが、市民レベルでの交流は従来通り活発に行われていると思う。
姉妹提携20周年を機に、10月には江原道の崔文洵知事と鳥取県の平井伸治知事がそれぞれの道と県を訪問し、記念式典を行った。

韓日関係の悪化を感じさせる出来事は。

安倍政権になり、ヘイトスピーチなどで私たち在日同胞を攻撃する勢力が出始めた。民団鳥取本部にもそうした勢力が抗議に来ることもある。
特に、2007年から同本部が続けている「参政権シンポジウム」に対する抗議だ。

最近では、荒金鉱山の供養碑に刻まれている「強制連行」の文言を削除するように言われた。
私は「そんな考えもないし、できるわけでもない」と話し、平行線のままだった。
このような動きは、群馬、長野、大阪茨木、広島、長崎などでも起きている。

韓日関係改善のためにできることは。

良好な韓日関係は、過去の植民地支配に対する責任をきちんと清算することが前提だ。
日本はまず、その歴史を認めることが肝要だが、今はそのような歴史の認定さえも揺らいでいるのが現状だ。
来年は日韓国交正常化50周年ということで、私たちの姿勢をより明確に示していく契機にしたいと考えている。(続く)

http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=76967&thread=04
引用元スレッド:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1415246314/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
何でもヘイトスピーチで片付ける在日の態度を見て てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる