てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 私見 ユースホステルについて

<<   作成日時 : 2015/07/19 20:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私も数回ユースホステルを利用したこともありましたが、それほど嫌な経験を受けたことがありませんでしたが、北海道においてはユースホステルよりもライダーハウスの方が格安で面白い体験もできました。
また旅行したいところがあって、そこにユースホステルを利用しようか、否かは評判よりもむしろ、ネットで格安のホテルを探して泊まろうと思うことがあります。
ユースホステルとはいえど、ペアレントと呼ばれるユースホステルの管理人は宿泊者に対する態度を柔らかくしないと、宿泊者が嫌がったり、その経験をした宿泊者がネットで書き込んだりしたことによって、それを見たものが利用したくなくなり、廃業に追い込まれる危険性があることに注意しなければならないと感じました。

■YHって何? 施設数・利用者激減 門限もやめました
(朝日新聞デジタル - 07月19日 13:18)


世界最大級の宿のネットワーク「ユースホステル」(YH)が、国内で受難の時代を迎えている。施設数はこの10年間で99棟減少し、昨年の利用客数はピーク時の10分の1、会員数は20分の1程度にまで落ち込んだ。最近の客層は、他の客との交流を望みつつ、プライバシーを重視する傾向が以前より高くなったのが背景にあるという。

 日本YH協会(東京)によると、昨年末現在の全国のYH数は220棟。1974年末の587棟をピークに減少傾向だ。73年に341万人いた利用客数も昨年は38万7千人に。国内外のYHで割引特典がある会員の数は、72年末の63万4千人から3万5千人に減少した。

 日本協会の広報担当、池田和誠さんは、YHの苦戦について、(1)安い宿全体の数が増えた(2)インターネットの普及で安い宿探しが容易になり、ネットワークを持つYHが必ずしも有利ではなくなった(3)YHの建物が老朽化した(4)運営側が高齢化し、後継者も不足している――の4点を主な理由としてあげる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
私見 ユースホステルについて てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる