てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 安保法制推進にご協力を

<<   作成日時 : 2015/07/21 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「強行採決だ!」とデタラメ言われて安保法制が衆議院を通過しましたが、反日勢力は連日「安保反対」の活動をしています。

ここ姫路でも共産党の入江次郎を中心に、活発に活動しています。
姫路だけではありません、全国的に行われいます。
そして、その成果は徐々に内閣支持率にあらわれてきました。
これを読んで下さっている皆さんは
「奴らはバカの一つ覚えだ」
と思って相手にしないかもしれませんが、そうやって放置してきて70年間
憲法も変えられない日本になっているのです。

いくら、安倍さん一人が頑張っても反対勢力は、議員と一般人が一丸となって
「安保反対!」を行っています。
「日当をもらっているから集まっているんだろう」
確かにそうかもしれませんが、反対運動には変わりありません。
こちら側は、何もしないで見ているだけ。
そしたら安部政権の支持率が下がったのは事実です。

これは、第一次安倍内閣の時と同じです。
「安倍さん凄〜い」と言うだけで、何もしなかった保守勢力。
そうしているうちに、反日勢力に倒されてしまいました。

今回も同じ構図です。
多少は国民の意識が変わったかもしれないけど、支持率が下がる現状を見れば
60年安保の頃と何も成長していない日本。
こんな事でよいでしょうか?
やはり、我々、一人一人が日本に責任を持たなければなりません。

放置すると、本当に中国共産党に席巻されてしまいます。
彼らの触手は東シナ海、沖縄海域まで来ているのです。
安部政権が倒れれば、日本は終わりです。
それは、福田内閣や民主党政権を体験した人ならよくわかるはずです。
前回と大きく違うのは、中国共産党は、もうすぐそこまで来ている事です。

我々少人数が、立ち上がった所で何も変わらないかもしれない。
しかし、ゼロと1では全然違います。
西田昌司さんが、かつて私に言ってくれました。

「一人の声でも、あるのとないのとでは雲泥の差がある」と

見て見ぬふりをしていては、反日勢力と同じです。
草莽が立ち上がらないと、この国は救えないのです。
7月26日< 山陽姫路駅前で街頭宣伝活動を行います。
皆様のご協力をよろしくお願いします。

mixiユーザーからの情報でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
安保法制推進にご協力を てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる