てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤルタポツダム体制打倒のために我が国が危機に?

<<   作成日時 : 2015/09/04 05:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一部の保守派や右翼民族派がいるとされる反米主義者の言うヤルタ・ポツダム体制打倒のために、日米安保条約を否定していますが、これによって我が国が危機にさらされる危険性があると感じました・・・
米軍の日本撤退でアメリカの「防衛範囲」が狭まり、逆に中国やロシアの脅威がアジアに広がる可能性が高まります。我が国は我が国で中国やロシアの脅威にさらされるだけでなく、米軍撤退後のために防衛費の増大や「徴兵制」の復活を余儀なくされます。つまり我が国は「軍拡」を余儀なくされます。

我が国は日米安保条約を維持しながらも、日米地位協定などの不平等な部分を修正しつつ、アメリカと共同防衛に努めながら、防衛費や自衛隊の定員及び装備を漸進的に増やさなければなりません。

ヤルタ・ポツダム体制打倒を目指す反米主義の保守派や右翼民族派が日米安保条約を否定することによって、我が国が危機にさらされることを許してはなりません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヤルタポツダム体制打倒のために我が国が危機に? てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる