てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 高速バスの運営者や運転手よ、他人事ではない!!

<<   作成日時 : 2016/01/16 08:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

碓氷バイパスでスキーバスが転落した事故で報道によれば事故を起こしたバスの運転手は群馬県側の松井田妙義インターチェンジ(IC)から上信越自動車道に入り、長野県側の佐久ICで下りた後、一般道でスキー場に向かう予定であったが、実際には高速を利用せず、国道18号「碓氷バイパス」で県境を越えて道路脇に転落する事故を起こした。渋滞や路面の状況などでルート変更する場合は、運転手から事前に福田社長かキ社の担当者に連絡があることになっている。だが、事故を起こしたこの時は連絡がなったという報道だが、会社側が「高速道路を極力使うな」という指示があったのではないのか? または運転手は運転手で、「ダンプ運転手をやってたかた、バスの運転なんてどうってことない」という慢心があったのではないのか、それが大きな「代償」を生んだと感じました・・・
いわゆる高速バスの運営者や運転手は数年前に起こった関越道バス事故を「他人事」としか見ていなかったであろう。彼らがそう思う限り、バス事故は起き続けると思いました。
高速バスの運営者や運転手は他社や他の運転手の事故を「我が事」として捉え、安全運転に務めることを望んでいます・・・
またこのような声もあります
(碓氷バイパスを運転時に)積雪がない、凍結もしていない、乗務員はダブルドライバー、と言う事は、単なる操作ミスか何かを避けようとしてはみ出たか。
バスの運転歴は12年らしいですが、このサイズのバスはこれまで運転した事なかったようなので、操作ミスもありえるかもですね。
大型バスを運転したことがないのに、夜中、いろは坂?のカーブを41人も乗せて、運転させるとは。謝罪してもダメ。これからの社会を担う人材の若い学生が多くて本当に心が痛い。
mixiユーザーの声からとられました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
高速バスの運営者や運転手よ、他人事ではない!! てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる