てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS たとえつんくが声を失っても・・・

<<   作成日時 : 2016/04/03 05:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シャ乱Qやモーニング娘のプロデュースで知られるつんくは昨年喉頭がんによって声帯を失う憂き目に会いましたが今年の近畿大学の入学式の演出を行い、音楽活動を今でもされています。
これを見て、たとえつんくが声を失っても元気で活躍できる様は素晴らしい、何がしか元気が出そうだと感じました。
また別の情報では、声帯摘出で声を失ったつんくが希望を棄てることなく、食道発声法の習得に向けてトレーニングを重ねています。
「食道発声法」とは、肺でなく胃にためた吸気を逆流させ、食道の一部を振動させるもの。人為的に出したゲップを声にする発声法だ。
出典:「つんく♂の声、聞こえた」声帯がなくても話せる食道発声法とは?
ただこの方法は特別な器具が必要でない代わりに、習得までにかなりの時間がかかるそうです。
( http://laughy.jp/1444815993687107171 からとられました)
いつかつんくの歌声が聞けることを願ってやみません・・・

つんく♂さん、今年も近大入学式に ギターで校歌を演奏
http://digital.asahi.com/articles/ASJ415GB2J41PTIL02N.html
2016年4月2日13時15分
音楽プロデューサーのつんく♂さん(47)が2日、母校の近畿大学(大阪府東大阪市)の入学式に出席した。昨年はスクリーンにメッセージを映し出した祝辞の中で、喉頭(こうとう)がんによる声帯の摘出を公表。今年も新入生約7千人に「自分をプロデュースする事を楽しんでください!」とメッセージを贈った。

 つんく♂さんは大学側の依頼を受け、2年前から入学式の演出を担っている。昨年はゲストとして登壇して声帯の摘出を公表し、自身のブログに約6千件のコメントが寄せられるなどの反響が広がった。

 つんく♂さんは今年もスクリーン上で「1番になるなんて無理と思わずに、自分的に『コレだ』というものを在学中に見つけて、進んで行ってほしい」。演奏するギターに合わせ、新入生が校歌を斉唱した。無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って司会者ともやり取りし、「ご入学おめでとう。(入学式が)いい流れできてますね」と喜んだ。

 在学生ら28人が入学式のために結成した「KINDAI GIRLS」や歌手のMay J(メイジェイ).さんも登場し、つんく♂さんのオリジナル曲を歌うなどした。(玉置太郎)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
たとえつんくが声を失っても・・・ てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる