てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 航空自衛隊の戦闘機は災害時になぜ飛ぶのか?

<<   作成日時 : 2016/04/17 08:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

熊本大地震21分後にF-2発進 何も見えない戦闘機、災害時になぜ飛ぶ?
http://n.m.livedoor.com/a/d/11417446?f=110
2016年4月14日に熊本県で発生した大地震において、真っ先に離陸した自衛隊機はF-2戦闘機でした。
これには阪神淡路大震災の教訓が活かされています。

《地震発生、そのとき自衛隊は》
2016年4月14日21時26分ごろ、熊本県において震度7の地震が発生。
これを受けて熊本県知事は22時40分、自衛隊に対して災害派遣要請を行いました。

自衛隊は、災害派遣要請を受諾する以前から自主的に情報収集活動を開始。
地震発生から21分後の21時47分には航空自衛隊築城基地(福岡県)からF-2A戦闘機が2機、緊急発進(スクランブル)し、次いで九州北部の各基地・駐屯地から陸海空自衛隊のUH-1Jヘリコプター2機、UH-60/SH-60ヘリコプター5機、P-3C哨戒機1機、U-125A救難捜索機2機を相次いで発進させました。

真っ先に離陸した自衛隊機がF-2戦闘機であることに疑問を抱いた方もおられるかもしれませんが、これは全ての戦闘機基地にて、発進命令後5分以内に2機が離陸できる即時発進体制「5分待機」を維持していることに由来します。

5分待機は本来、領空に接近する所属不明機を迎撃するために行われており、災害発生時の緊急発進という場合にも、F-2(場合によってF-4やF-15)はミサイルを携行したまま離陸。
戦闘機の高い機動性を活かして真っ先に被災地上空を飛行し、パイロットは目視で地上を確認、無線通信によって第一報を送ることを任務とします。

今回の地震発生は夜間でした。
F-2は対艦攻撃など、夜間の低高度飛行が必要な任務に用いる赤外線前方監視装置を搭載可能ですが、5分待機に就く機体には装備されません。
よって今回、緊急発進したF-2パイロットは、ほとんど何も見えず帰投したはずです。
しかし、例えば
「大規模な火災は確認できない」
といった
「何も見えなかった」
という報告そのものが、貴重な情報となりえます。

《あの大災害を教訓に、体制を確立した自衛隊》
本格的な情報収集は、後続の航空機の役割です。
UH-60J、P-3C、U-125Aは戦闘機よりも低速かつ低い高度で、赤外線前方監視装置を用いたより精密な情報収集が可能であり、UH-1Jは、リアルタイムで地上部隊や首相官邸さらには一般家庭のTVにまで送信可能な映像伝送システムを搭載しています。
これらの航空機もまた災害派遣に備え、24時間の緊急発進体制「15分待機」を維持しています。

ちなみに、写真偵察機OP-3CやRF-4Eは緊急発進体制を維持しておらず、発進に数時間を要しますが、可視光や赤外線カメラ、レーダー等によって非常に広い範囲を一度に情報収集することができます(ただし、本記事執筆中においては離陸したという情報はありません)。

以上のように自衛隊では初動からいくつかの段階を経て、より詳細な情報収集を行えるよう備えていますが、これは1995(平成7)年に発生した阪神淡路大震災の教訓によって確立されました。

《災害対応能力、今後はさらに向上か 新型戦闘機の効果とは》
阪神淡路大震災では、県知事自身が被災したことにより災害派遣要請が行われず、最初に八尾駐屯地(大阪府)からOH-6Dヘリコプターが離陸したのは地震発生から1時間半後でした。
しかも出動するための法的根拠が無かったため、陸上自衛隊は機転かったため、陸上自衛隊は機転を利かせ「訓練飛行」という名目で離陸し、機内から手持ちによるビデオ撮影を行いました。

現在では「震度5弱」以上の地震が発生した場合、自衛隊は航空機を発進させ自主的な情報収集を行えるようになっており、2011(平成23)年の東日本大震災においても、地震発生から11分後には最初の自衛隊機が離陸しています。

また、今年中に自衛隊へ引き渡しが行われる予定のF-35A「ライトニングII」戦闘機は複数の赤外線監視装置を搭載しており、その映像をリアルタイムで地上に送信する能力を持ちます。
F-35が5分待機を行えるようになるにはまだ数年を要する見込みですが、実用化後は初動からより詳しい情報を得られるようになるでしょう。



以上、表の理由を記載しました。

現状、我が国日本の周辺国家は反日国家ばかりです。
友好的なメッセージを送ってくる台湾でさえ、『一つの中国』を標榜し、明から様に支那に媚を売ってた馬政権が倒れても、覇権帝国の意の前では揺れてます。

それら反日国家が、大震災を期と捉え侵略して来ないとも限らない。
南沙や西沙を見なさい。

それでも脳天気に無いと言い切れますか?

それらに対する無言の圧力、政府命令系統は無事のメッセージ。
これが必要な内外へのアピールなのです。

でなければ、自国民保護や救援救助を名目に侵略を開始する可能性の方が高い無法者国家がウロウロしてるじゃないですか?
それに呼応する勢力が西早稲田辺りにゴールデン街みたいにワサワサしてるでしょう?

その牽制は必要不可欠なのです。

これが裏の理由。

mixiユーザーからの情報でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
航空自衛隊の戦闘機は災害時になぜ飛ぶのか? てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる