てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS イギリスEU離脱で我が国と政府、そして我々が行うこと

<<   作成日時 : 2016/06/25 06:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先日行われたイギリスの国民投票で離脱派が過半数に達し、離脱を決定したが、イギリスが移民で苦しむさまに耐えられないと国民が思ったいたからであり、決してナショナリズムにそまったのではないと感じた。
またこれによって世界同時株安が起こったがこれはイギリスがEUに利用されたことへの復讐かもしれないと一瞬感じたが、逆に離脱によってイギリスがヨーロッパから孤立する危険性を孕んでいると思った。
この件で上手く対処したと思ったことは我が国が消費税の引き上げを延長したことであった。この延期によってリーマンショック級の経済危機による影響はなんとか食い止められるであろう。アベノミクスの危機はこれからであろうし、政府・安倍政権は積極的に経済危機にたいする政策を決定実行しなければならない。
またこのことで「アベノミクスは破綻した」「安倍政権を打倒せよ」という低劣なアジテーションがはびこるであろうが、我々はそれに惑わされてはならない。経済危機が生じたからといっていたずらに 安倍政権打倒に向かって変に行動を起こしてはならない。これで仮に安倍政権が打倒され、新政権が無為無策、あるいは誤った政策によって国内経済だけでなく、国際経済までも危機に追い込まれるであろう。我々はそのような愚行を犯してはならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イギリスEU離脱で我が国と政府、そして我々が行うこと てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる