てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS そうか アンチレイシズムの活動家も信者だったのか

<<   作成日時 : 2016/09/03 16:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヘイトスピーチやレイシズムに反対する活動を行うある女性ライターが「学会」信者であったことを示唆したツイートが話題になっています・・・

在日朝鮮人が日本の国語や古文を教えるって、どないやねんと思うかも。自分が日本語が好きなのは、生まれ育った国の母語だから。古文が好きなのは、日本と朝鮮半島の古来からの友好の歴史を知ることが出来たから。古文が得意なのは創価学会にいて、小さい頃から鎌倉時代に書かれた御書を読んでたから。

その人物が「学会」の経典の一つである日蓮上人によって書かれた「御書」を通じて古典が好きになったのは良かったのですが、しかし一方で彼女が標榜している「仲良くしようぜ」「一緒に暮らそう」が「学会」の体質の一つである排他的、攻撃的な体質によって虚しくなるのでは?また「学会」を離れたとしてもその体質が知らず知らずのうちに個人に悪影響を及ぼすことを懸念しました。
個人がたとえ学会を脱したとしても、「学会」の悪しき体質を脱しない限り、心身ともに「脱会」しなければ自由の身になったは言えません・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
そうか アンチレイシズムの活動家も信者だったのか てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる