てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 糾弾されるべきなのは機動隊員ではなく、基地反対派である

<<   作成日時 : 2016/10/21 06:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

沖縄ヘリパッド建設反対派に対して、「土人」発言を行った機動隊員に松井大阪府知事が「出張ご苦労様」とツイッターじょうでねぎらいの言葉をかけたことが問題となっているが、機動隊員の発言よりもひどいのは基地反対派の言動です。
基地反対派は米兵へ罵声を浴びせたり、県道封鎖座込みや車に潜って妨害を行って、車の通行を妨害したり、不法占拠テント村を作り、自称市民が地元住人に検問やなどして地元住民や基地関係者及びその家族や子息にまで被害を与えています。
警備中の警官に対して反対派の活動家である反対派のリーダー山城博治は、警察に対し「お前達の家も妻子も分かる。街宣カーで自宅前でやる」という脅しを何度もしています。
挙句の果てには機動隊員の妻や子に対しても「性的暴行」を行うことを示唆する脅しまで行っています。
これでは警察官や機動隊員が「土人」と基地反対派を罵倒せずにはいられないではありませんか。
これこそ松井大阪府知事が「発言は不適切だが、個人を徹底的にたたくのは違うのではないか。相手もむちゃくちゃ言っているのに、すべて許されるのか」「人間ができていないのだろうが、『売り言葉に買い言葉』で口がすべったのではないか」と擁護。「沖縄に圧倒的な基地負担をしてもらっているのは申し訳ないが、全国の警官が無用な衝突を防ぐため一生懸命働いているのは事実」と機動隊員を弁護せざるを得ないと感じました。
また基地反対派の中に在日韓国人や中国人といった、不当な外人傭兵が入り込み、騒乱罪にも内乱罪にも外患誘致罪にもなる違法行為を繰り返す高江のゲリラ側が批判されるべきなのは当たり前であるという声もあります。
そのことを鑑みれば、糾弾されるべきなのは機動隊員ではなく、基地反対派であるのは明白であります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
糾弾されるべきなのは機動隊員ではなく、基地反対派である てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる