てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS カルトとグローバリズムを考える

<<   作成日時 : 2016/11/29 06:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

グローバリズムが我が国だけでなく、世界全体に広がりつつあることを鑑みれば、一国で広まっている、カルト宗教の輸出や布教を許してはならないと感じました。。。
カルトを危険視し、布教の禁止だけでなく、信者の入国拒否を行う国家が出てくることを鑑みれば、我が国はカルトの輸出を禁じるだけでなく、カルトの存在を許さない法律や姿勢が望まれます。


>カルトは宗教とは認めてません。
グローバリズムを持ち出すならば、カルトを危険視して取締り対象としてるヨーロッパに習わないとなりませんね。
反セクト法の日本制定を目指さないとなりません。

>我が国でも反セクト法、スパイ防止法制定で、カルトはでほぼ壊滅。
学会員は一人一人厳しく取り調べられ…
序でに海外のカルト協力機関を叩けば、もう二度と立ち直れなくなります。
オウムみたいなのを基準に照らし合わせれば、共謀罪テロ準備罪で未然に全てを防ぐ事も可能でしょう。
その為には警察内部のカルト信者も炙り出す必要が有りますね。

mixiユーザーのコメントを基に作成されました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カルトとグローバリズムを考える てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる