てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日本死ね」に津田大介と鳥越俊太郎が賛成に対する声

<<   作成日時 : 2016/12/08 05:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

TBS「白熱ライブ ビビット」の中で流行語大賞に選ばれた「保育園落ちた 日本死ね」という言葉に77%の人が反対している一方で 津田大介と鳥越俊太郎が賛成していることが明らかになりました。
日本に児童待機という問題を提起したいがために「死ね」というのはいかがなものか、津田氏は「ブログちゃんと読んだ人がどれだけ居るのかっていうのがあるんですよね」 と述べているが、ブログを読んだとしても死ねという表現がふさわしいものであるかどうか、「『死ね』という言葉を公の場で言うのは大反対です」それを踏まえれば流行語大賞にするのはふさわしくないという判断がくだされてしかるべきです。
鳥越氏は「この『日本死ね』は確かにショッキングな言葉ですけども、こういう言葉を敢えて使わざるを得ない程 日本の待機児童の問題、そして少子高齢化の問題が深刻な状況になっている」 と発言していますが、「児童待機」が深刻な事態であることを考えたら、流行語大賞としてお遊びで取り上げる取り上げるのではなく 、もっとちゃんとした場で、正面かつちゃんとした議論をすべきという声もあります。
なお鳥越氏の発言が「ヘイトスピーチ」を肯定しているという指摘もあります。
「死ね」という発言によって「児童待機」の問題が歪曲され、その問題を正面から取り上げた方々がバッシングされかねません。また「死ね」という発言が軽々しく発せられることにより、国民の間にささくれた感情が芽生え、社会を劣化させると感じました。
また「日本死ねと言える奴は日本人じゃない」という声や「品の無い言葉は女性の共感を得られない 」という声もあります。

他にもこのような反応が見られました・・・
>77%が反対なのにこいつらは賛成の時点で国民・視聴者の代表にはなりえないのは確定したな。
他社にシネという言葉を使うことに疑問を感じないことからも品性の下劣さは疑いようもないしな。
>流行語大賞に流行ってもない政治的なワードをサヨクが選び
馬鹿なサヨク系3流新聞が大はしゃぎで取り上げる
こういう構造はとっくにバレてるんだよエラまみれのマスゴミ君

>正常な感覚の国民が多くてうれしい
そして正常じゃない人達がどういう人達なのか?
それがどんどん浮き彫りになってるってことを
左翼の方々はよくわかった方がいい
それがわからないからいつまでもダメなんだろうけど

これが普通の感覚だよ。
「人の親」なら当然、自分がどのような苦境に立たされたとしても
理不尽な状況に置かれたとしても「誰か」や「何か」に対して「シね!」と言う人間に育ってほしくないと思う。
なのに、子供の鑑となるべき母親が「日本シね!」だからね…

今年は熊本で大震災が起こっているのに「日本しね」を選ぶ反日選考委員の酷さ
熊本の大震災で犠牲になった人達の代わりに反日選考委員連中が犠牲になれよと本気で思う

・ジャーナリスト津田大介氏
「まず前提として言っておきたいのは『死ね』という言葉を公の場で言うのは大反対です」

「アンケートの結果もそうですけど、多分これ若い、しかも子供を抱えている女性にアンケートしてたらまた違った結果になるでしょうし、実際にやっぱりこれ反対と批判している人の間に、ブログちゃんと読んだ人がどれだけ居るのかっていうのがあるんですよね」

「元々この方は働きながら子供を産んで、しかもそれが保育園が見つからない事によって仕事辞めなきゃいけないっていう状況に追い込まれてるっていう方の、悲痛な叫びでもあったわけですから」

「政治とかメディアに対してやっぱり誰かに言うというよりかは、どこにも怒りのぶつけようが無い場所で、『日本死ね』という言葉がある種ネットで誰か聞いてほしいという思いで書いたわけですから、そういう事の文脈まで捉えた上で考えなきゃいけない」

・鳥越俊太郎氏
「この『日本死ね』は確かにショッキングな言葉ですけども、こういう言葉を敢えて使わざるを得ない程、日本の待機児童の問題、そして少子高齢化の問題が深刻な状況になっている」

「それに対して日本の政治や自治体の行政府ですね、何も手を打ってこなかったという事があってそれに対するイチ母親の怒りの言葉が『死ね』という表現になったと。だから『死ね』という言葉だけに引っかかってしまっちゃ全体を見誤ってしまう」

1
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1480932343/

http://hosyusokuhou.jp/archives/48778988.htmlを参照しました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「日本死ね」に津田大介と鳥越俊太郎が賛成に対する声 てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる