てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 金正恩の残虐さを阻止せよ!

<<   作成日時 : 2017/03/08 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

北鮮の最高指導者金正恩の異母兄である金正男の子息とされる人物がユーチューブで、「私の父は数日前に殺された」と主張しました。
また金正男の子息や妻は安全な場所に保護されていますが、正恩側がいかなる形であっても見つけ出し、葬る危険性があると感じました。
正男の子息だけでなく、他の親族も殺害される危険性が高く、そのことは正恩がたとえ親族であっても危険視し、葬り去る残虐さを持っていると感じました。
このまま黙って息を潜めるがごとく生き続けるならば、一層のこと国内外の反政府組織と連携、またはアメリカもしくは中国と手を結んで、金正恩体制を崩壊させるように行動すべきではなかろうかと感じました。

金正恩の残虐さは国内だけでなく、我が国始めアジア諸国、更には世界に災難をもたらすおそれがある 我々はそれを阻止しなければならない


■正男氏の息子?「父は殺された」 ユーチューブで声明
(朝日新聞デジタル - 03月08日 11:42)
北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件をめぐり、動向が注目されている正男氏の息子キム・ハンソル氏を名乗る男性の動画が7日、動画サイト「ユーチューブ」で公開された。

 公開したのは「チョンリマ民間防衛」という団体。動画は40秒で、男性は英語で、「私の名前はキム・ハンソル。北朝鮮籍で、キム一族の一人です」と名乗った。カメラに向かってパスポートを示したが、画像処理で黒く塗りつぶされ、動画上では確認できない。

 男性はさらに、「私の父は数日前に殺された」と主張。現在は自身の母親らと一緒にいるとした。「私はとても感謝している」と話したが、感謝の対象の名前は音声が消されていた。男性は最後に「もうすぐ状況が良くなることを希望している」と笑顔で語った。

 韓国情報当局者は、男性について映像を分析した結果、「キム・ハンソル氏に間違いない」と述べた。

 シンガポールのテレビ局「チャンネル・ニュース・アジア」のニュースサイトは、脱北者支援団体関係者が男性をハンソル氏と認めたとしている。

 動画を公開した団体はウェブサイト上で、「正男氏の家族から先月、緊急保護を求められ、家族3人を安全のために移動させた」と説明。一方で、場所は公開しないとし、「今回が最初で最後の声明だ」とした。

 団体は保護にあたって4カ国から緊急人道支援を受けたとして感謝を表明。このうち3カ国はオランダ、中国、米国と明かしたが、4カ国目は名前を伏せた。

 この事件では、マレーシア警察は被害者の遺体の身元を特定するために正男氏の家族にDNAサンプルの提供を求めている。マカオにいるとされるハンソル氏が現地入りするという情報も飛び交ったが、実現していない。(クアラルンプール=平賀拓哉、遠藤雄司、ソウル=東岡徹)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
金正恩の残虐さを阻止せよ! てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる