てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 生きるために宗教を捨てると言う選択が何故出来ない

<<   作成日時 : 2017/03/09 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ミャンマーは殆どが仏教徒、そしてイスラムは嫌われている。
姿かたちは、ビルマ人と変わらないのだから改宗すればここまで迫害されずに済んだ気がする。

神様を信じる前にまずは自分自身で生きる努力をすべきだ。

自分は良くても子供が可哀想だ。

どれだけ祈っても救いがないならその神は使い物にならない。

サッサと捨てるべきだ。

まずは現実を見て、少なくとも殺されないようにするにはどうすれば良いか考えるべき。

結局は人身売買にあって地獄を見て、その後も殺されたりしたなら、天国には戻れない。

恨みが残り何百年も浮遊霊となりさまようだけである。


こんな目になうなら宗教は悪でしかない

http://mixi.jp/home.pl?from=h_logo#!/diary/12063932/1942456687

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
生きるために宗教を捨てると言う選択が何故出来ない てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる