てかまる日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS デモクラシー(democracy)の訳語を「民主主義」としている問題点

<<   作成日時 : 2017/03/25 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

多くの人々がデモクラシー(democracy)を民主主義と訳し、そう認識しているひとが多いと思われますが、実際は「信じている一定の主張」ですから、民衆から主人を選ぶ現代の政治体制を説明する言葉ではないという人がいます。また我が国は多数決主義(多数決制)であることを鑑みれば、野党の主張は国民の多くが支持している自民・安倍政権の制策を妨害するだけでなく、我が国や国民のための政治を妨害していると感じました。。。

通りすがりの774
>共謀罪「民主主義の否定」=雨の中、官邸前で抗議集会
私はdemocracyの訳語を「民主主義」で認知させている現状が問題だと思ってます。
正しくは民主制です。
主義とは「信じている一定の主張」ですから、民衆から主人を選ぶ現代の政治体制を説明する言葉ではない。
主義を入れるべきは選抜方法ですので、日本は多数決主義です。
多数決主義だと国民が周知していれば、「確かな野党」の看板を掲げる政党をふざけていると看做すでしょう。
初めから野党狙いは日本の政治妨害ですから。
少数意見≠多数になり得ない意見
鎖国や聖徳太子より先に修正されるべきですね。

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/03/23/1595%e3%80%802017323%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88/
余命三年時事日記から転載しました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
デモクラシー(democracy)の訳語を「民主主義」としている問題点 てかまる日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる